2007年06月28日

ヤッちゃった

パソコンのUSBが壊れて、ヤケクソで超ハイスペックパソコンを買った私だが
『実はパソコンが壊れてなかった説』が急浮上している(まだ認めない)
しかし、買ってしまったものは仕方ないので快く使おうと思うが
よく考えたらソコソコのMTBがポンと買える金額、というのが引っ掛かる
でも気にしないことにする(十分している)

で、今週もMTB行ってきました
現在の我々が最も落ち着くコースに2回目のmasaも連れて行ってきました
先週、無駄に標高1700mまで登山したおかげで、お気楽で登ることができる
いつもより重いギアで漕いでウォームアップ量を調節したり
こんなことをしながら、あっという間に最高地点まで到着したのだった
初・零・弐号機
今さら手遅れだが、オールドスタイルに目線で隠してみた

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


ラベル:MTB
posted by がんがん at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨降ってきたね→スベるね→楽しい

山の中に入ったら予報より早く雨が降ってきた
しかしこの季節の山の中は葉が茂っているので、地面が濡れるまで時間がかかる
つまり、降り始めならばドライコンディションに近いのだ
とはいえ、上が空いている岩場などは滑るので注意が必要だ
今回はちょっとしたセクションを何回もやり直して遊んだ
↑当社比30%増しでお送りしています
こんな感じなので、ふくらはぎが結構くる(でも楽しい)

毎度おなじみ訓練所を各々載せてみる事にする
↑私の迷いのないライン取りと『もうすぐ30!』コール
↑masaの果敢に攻めるもビビリ入っちゃう瞬間
↑足着いてるのに、何か問題がある人

意図的に私だけ成功した動画を載せてるのではなく、私しか成功しなかったのです

最後の方は濡れた山道でスリル満点だったが、山に優しく走った
先週が先週だっただけに、今回はとても楽しかった
それにしても最近よく声を出して笑っていると思う。いいことだ。
早くスノボーもしたい

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

posted by がんがん at 20:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

登る前の大失態

本日も私とぴんくちゃんはMTB狂いであります
前日行き先で駄々をコネた私でしたが、気持ちは常に前向きに保って臨んだのだった
しかし前向き過ぎて、朝飯に『がっつりチキンカツ弁当』なるものをがっつり食べて
直後、普段の30%増しペースで登っていたら、リバース直前まで気持ち悪くなった
私はこの現象を『五時間目の体育』と命名した
最近食い意地が張っているので、TPOを考慮してメニューを決めなければダメね

しかし脅威のハイペースは変わらず、サクッと登り終えた我々は激しく楽しんだ
今回から、毎度お馴染みの訓練所を手前セクションと合体させて
スーパー訓練所に進化させてウホウホ言いながら下った

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
ラベル:MTB
posted by がんがん at 21:36| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訓練所でのぴんくちゃん

今日も訓練所でいっぱいムービーを撮ったので
もったいないからここに載せてしまおうと思う
といっても、全部ぴんくちゃん
↑幾多の失敗で久々の成功が素直に喜べないぴんくちゃん
↑嬉しくないことを何故か強調するが、後ろ姿はタダの尻デカのぴんく
↑足をペダルに固定するビンディングについてブツブツ言いながら登っているが
 結局、後ろ姿はタダの尻デカだったぴんくちゃん

ぴんくちゃんは風呂上りにピンク色のシャツを着ていた
前日、彼女の母上からプレゼントされたらしい…

スーパー早く帰宅したので、ぴんくから譲り受けたクランクをチャリ屋で組んでみた
工賃840円と、聞き返したくなるほど安くて驚いたが
漕ぎが恐ろしくシッカリして剛性が増した
それはとても気持ちのいいことよ


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 21:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

満身創痍のぴんくちゃんと行く山

脂邸にお邪魔している時にぴんくちゃんから電話があった
『明日って何してますかね〜』これで何が言いたいか判った
というわけで日曜日はまた山にいくことになった訳なのだが
当のぴんくちゃんは伊豆でMTBレースに出場した後、東京に戻って会社の打上げに参加
一睡もしないまま、早朝6時に所沢までチャリ持参という離れ技を披露した
もちろん飲んでいるので電車にチャリを積んで参上した
そのままウチの車で山まで連行し(車内無睡眠)、チャチャっと組んで走り出した
走り出したら普段と体調が違うことをいたく実感していた
まぁ当然だ
一睡もしなければ前日のレースの疲れが取れるわけも無く、蓄積される一方だ
メンタルもフィジカルもボロ雑巾のようにボロボロで、山に入ったが
危機感を感じた為に毎度お馴染みの訓練所はパスしていた
なので私だけチャレンジしたが、一回目はサラッとクリアしたものの
失敗続きの訓練所
二回目以降は『ちゅど〜ん!』とコけて、それ以後成功することは無かった
非常に悔しい訓練所となってしまった
せめてカッコいい姿を、ということで疾走感のある写真を撮り合ったが
完徹明けの疾走感
これしかいい感じに走れている写真が無かった

今回の有難いお言葉は
『体調は万全に越したことはないが、そう都合良くいく訳ない。にんげんだもの ぴんく』
という事にしておこうと思う

ちなみにぴんくちゃんは夕方5時から都心で彼女とデート
私は人生で彼に出会えたことがラッキーだったのか否か、いまだに謎だ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 20:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

行くか行くまいか迷ったけど、結局行った話

台風が何だかわからないうちに過ぎていった連休最後の日
前日行くか行かないか物凄い迷った挙句、結局行ってしまった
あ、毎度の通りMTBの話です

台風後ということで、荒川は物凄い水量、さらに濁流で激しい姿に変貌していた
それを見た私は驚き、ちょっと叫んだのだが、ぴんくは全くの無反応だった
岐阜のプリンスだけあって、庭を流れる長良川で見慣れているのだという
さすがだ(ちょっとカッコいいと思った)

で、今回は訓練所じゃないコースに一部シフトして、コーナリング漬けをした
友人の一人から「おまえらがやってる事の全貌が見えん」と言われたので
たまには別のことをしてる姿も見せようと思う
私のバンク付コーナーを攻めてるように見える映像
同じ場所のピンク

これだけだと物足りない皆さんも多いと思うので、お馴染みの
ピンクの足が短いのが原因で人形のようにクラッシュする映像をお届けします

ちなみにピンクちゃんは何故か温泉でパンツを失くし、ノーパンで帰った
ちょっとカッコいいと思った


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 20:18| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーパンを見送り、Rディレイラーを交換した話

何故か温泉でパンツを失くしたノーパンのピンクを西武秩父駅まで送った
特急の発車まで1分位しかない状態で、車に財布を忘れたりsuicaが?だったりしたが
なんとか乗る事ができた姿に、『ああ見えてノーパンだけど』と心の中で付け足した
そして私は一人帰路についた
先週は物凄く眠くなった道も無事になんともなく帰ることができた

帰りに寄れたら、と持参していたリアのディレイラーを交換しに行くことにした
MTBをやってからというものの、車体やパーツに無関心を貫いていたが
最近なんか変速がぎこちなく、ゲージが曲がってると指摘されたのもあり
オークションでチョイ傷の中古のXTを安く買った
一度関心を示すと次々に情報を欲しがってしまう、というのは私だけではあるまい
危険なので今までは無関心を貫いていたが、もう知らん
パソコンを買ってなかったらMTBを買うところだった。危なかった
Rディレイラー交換後
交換した後に近所を走ってみたが、劇的にサクサク変速して驚いた
こんなことなら早く替えればよかった
次はホイールをチューブレス対応に交換する(いつの日か)
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 20:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

生まれて初めて29歳になったけど、やっぱり今日も山に行く

先輩でもある長嶋監督はかつて60歳になった時
『う〜ん、生まれて初めて還暦を迎えたわけですが…』と言っていたが
皆様の並々ならぬ日頃からのご愛顧により、私は7月21日で29歳になりました
masa、つっちー、美春、ピンクちゃん色々頂いてありがとうございました
これからも特に変わらず、でもジャンケンだけは強い男になろうと思います

で、やはり日曜日は山に行ってきました
今回は暑かったので、今までスルーしてきた湧き水に行ってみることにした
湧き水とぴんくちゃん
なんだかえらく頭上を気にしなくてはいけない場所に湧き水はあったのだが
生では飲めないと書いてあった。つまりこの場では飲めないのだ
だから遠慮なく頭から湧き水を浴びたら、夏が来たことを実感した

肝心なMTBの方だが、今回はぴんくちゃんが面白いコケを封印したので
当ブログはキラーコンテンツを欠いたままアップする事態になっているのだ
とりあえずは切り替えし時の目線の移動が29歳らしい、私の走りを載せようと思う
↑最後に山中に似つかわしくない電子音がするが、ぴんくの新携帯のシャッター音です

最後は登り途中で普通に寝たぴんくが、普通に起床し、再び登り出す映像


ちなみに羽賀研二と同じ誕生日


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 17:54| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

夏はMTBなんか乗っちゃダメ(乗るけど)

日曜日は選挙なので土曜日に長瀞に行って来た(ホントはたまたま)
天気予報からして暑いのはわかっていたのだが、マジでヤバかった
もうね、チャリで山をアホみたいに登ってるのは我々しかいませんよ
長瀞と言えば関東のウォーターレジャーのメッカですよ
水系の装備をしている人を見ると、正直羨ましく思ってしまいます

ブログの記録を見ると、初めての2月の鎌倉以降、今回で14回目のMTBとなるのだ
そのうち10回は長瀞に来ているが、本当に好バランスな良いルートで
この素晴らしく楽しいコースが、私の上達を手助けしてしてくれていると思う
感謝だ

最近思うのだが、2輪でも4輪でもセッティングはとても重要だ
走りに合わせてサスのストローク量を調節したら、断然乗りやすくなるものだ

そしてお馴染み訓練所はもちろんフルで動いて頂きます
ホントに良く働いてくれているサスだ

今日は山の中に入ってからも汗が出まくった

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 20:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドロップ系セクションが十八番

さて当ブログのキラーコンテンツ、毎度お馴染みぴんくちゃんだが
やはりぴんくちゃんを撮るならドロップ系のセクションが最適だ
カメラを向けていれば必ず何かが起こるのだから、天才かもしれない
ここ2週間はコンディション不良で訓練所はパスしていたのだが
やはり訓練所はぴんくちゃんの十八番であると言わざるを得ない
コケるのは誰でもある事だが、コケ方が並じゃなく滑稽なのが逆にCOOL!だ
急斜面なのに何故もっとも恥ずかしい姿勢で止まるのか、謎だ

スペースにゆとりがございますので、こちらもどうぞ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 22:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

下り系の新ジャンルを開拓したアホな話

土曜日の話の続きだが、書いたように非常に暑かった
山の斜面は川に向かって下っているので、そのまま下れば川に出るのだ
我々は自転車を置いて徒歩で川まで降りてみることにした
観光客で賑わっている岩畳の対岸に当たる場所で、向こう岸は人でいっぱいだった
水に入っている人はいなかったが、我々は躊躇することなく泳いだ(泳げないけど)
目の前の川をラフティグやカヤックがわんさか通り過ぎてゆく、さすが最盛期だ
その中のラフティング集団を率いるインストラクターに見た顔があった
向こうも意味不明な場所に何故かいる我々に気づいたようで手を振ってきた
そう、彼は我々に長瀞のシークレットコースを教えてくれた人物だったのだ
「なんか見た顔だなぁと思ったら、やっぱり(大声)」
と叫び、ジェスチャーで自転車のポーズをして「行ってきたんですか?」と言う
我々もそれに答え、目の前を涼しげに、そして楽しげに下っていくのを見送った

ぴんくはこの場でできる楽しい事を模索し始め。岩からジャンプなどが候補にあがった
しかし、岩の際は水深が浅く飛び込めないことが判ると、遂にコレに辿り着いた
これを一回やったあと、にわかに対岸がザワザワしている異変に気づいた
そう、対岸のみんなに見られていたのだ
向こう岸から執拗にリクエストを受けたぴんくは、期待に応え再度転がっていた
その度に起こる歓声は、まるで救世主がこの世に誕生した瞬間のようであった
おそらく向こう岸の人々は我々が28歳と29歳コンビとは思っていないだろう
ある意味、ざまぁみろという感じである
とにかくMTB後の川は水風呂のようにクールダウンできお勧めだ


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 21:07| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

平日なのに二人で山に行った話

本日は火曜日だったが、ぴんくちゃんが夏休みということでMTBしに行った
夏休みとはいえ、人と違う日程で取るには障害も多いようで、車中でもキーボードを叩いていた
という感じで移動中は仕事モードのぴんくを乗せ、山に到着したら、すでに昼だった
わたしにとっては都合15回目のMTBとなる今回は
どんなに苦しくてもミドルギアだけで登るドM企画のお陰で空前のハイペースで到着し
前日の雨で多少コンディションが悪かったのもあり、サクッと下ってきた
例の『ぴんく手も足も届かない事件』の下りはクソ難しくなっていた(クソなんて言っちゃダメ)
今回は何一つ上手くいってない動画集をお届けすることになった
↑ちなみに最後に映像がブレブレになっているのは、ぴんくがコケたから


もう私の制御下を完全に離れているレベルです

大抵の映像がそうなのだが、映像より実物の斜度の方がかなりキツめです
まぁ、変態的な難易度であったので、私は2回やって諦めた

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

もはや何かに目覚めた下りの王者

さて、夏休み真っ盛りのぴんくちゃんはどうだったかというと
結局、私と同じセクションでは私より健闘したものの失敗した

なぜか途中で体一つで下るという荒業を披露してくれた
というか私も下るのに必死で見てなかったが、何かが起きた
とてつもない早業でチャリからでんぐり返しにシフトしている
もう深く考えないことにしよう…

こちらも深く考えないようにしよう…

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 01:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

ポールさんと走った in 長野

夏休みということで今週はMTB三昧の我々なのだが
本当は九州に行こうと思っていたのだが、仕事の都合がつかず断念
でも、必ずガイド付きでどこかに行こうと決めていた我々は
平日なら直前でも予約できると見込んで、長野のポールさんにお願いした
まず初めに『ドレ位走リマスカ?結構イケマスカ?』と聞かれたので
ぴんくちゃんが恐る恐る『結構イケます。…あ!結構ってどれくらい?』
と、お互いの基準が定かでない状態で『登り2時間』コースに決定した
私はクランクをセイントに換えてからは地獄のような登りの日々なのだが
今日ほどセイントの重さに泣いた日はなかった
しかし、無休の完全乗車で結局1時間ちょいで登りきってしまった
「アナタ達速イネ」とポールさんに褒められたので嬉しかった

下り始めたら高速バンクが延々続く御機嫌なルートが待ち構えていた
これを表現する言葉が見当たらないので、無理に言語化するのはやめておくが
とにかく最高に楽しめるコースであった
高速で下ったのでホントに「アッ!」という間に下り終えてしまった

とりあえず午前の部はこれで終わりで、昼飯を食いにポール邸に向かった
昼飯は手作りハンバーガーでバーガーキングもビックリのボリュームだった
美味かった

ポール家の昼御飯

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 21:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポールさん、最高でした

さて、腹がはち切れんばかりに食べ、食後のコーヒーをテラスで飲みながら
ポールさんといろんな話をして腹が落ち着くまで過ごした
本当に羨ましい環境の家で、まるでカナダにでもいるようなテラスだった

午後はポールさんちの近所を軽く20分位登って、林間の熊笹トラックを行った
通常の当ブログでは信じられないくらい平和な動画ですね
今回動画はこれだけで、いざ山に入ると動画を撮ってる場合じゃないのですね
クイックな切返しの続く道で、これも漕ぎながらスピードに乗って走ると最高だった
夢中で走っていると一瞬『ここは何処だ?』と思うのだが
信州の山々を堪能する
眼前の山々は紛れもなく南信州の様相で、ここが長野であることを実感させてくれた
午後の部もアッという間に終わり、そろそろお開きとなったが
『アナタ達ナラドコデモ行ケルカラ、マタ違ウ道ヲ走リマショウ』
と、もっともっとウホホなルートがあることをアナウンスしてくれた
人柄から案内してくれるルート、全てが素敵であった
またの再会を約束し、我々はポールさんに教えてもらった温泉に行った
『水風呂ノレベルガ高イネ』という、入るまで謎だったセールスポイントだったが
八ヶ岳の水だというその水風呂はマジで冷たく、レベルが高かった

とにかく最高のMTB in 信州だった
ポールさん、ありがとうございました


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 22:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

油圧ブレーキ死亡でぴんくちゃんストップ

日曜日はもちろんぴんくちゃんとMTBに行ったが
先日のポールさんの時もそうだったんだが、Fブレーキの油圧がスカスカで
制動力という意味ではほぼ機能していない状態だった
現地で準備をしていてぴんくに報告したら、ぴんくストップになった
なので町の自転車屋で緊急修理をしてもらおうと思ったが、油圧はなかなか対応してもらえず
飯能の本屋でプロショップを探し、朝霞にあったので実際に行ってみたら
8月27日まで作業がたて込んでいるという理由でダメだった
しかしそのお店は対応が穏やかでとても親切だったので、空いたら頼もうと思う

なぜ私が今更ながら行きつけの店が無いのかというと
ぴんくが九州で購入したものを借り受けて、関東で使用しているからだ
買った店で面倒を見てもらうのが最善策だとおもうが、こういう事情では仕方が無い
他店購入車歓迎という店が増えてくれると、もっと気軽に整備に出せるのに、と思う
事情は様々あるのだろうが、ちゃんと応対すれば将来のお客様になるのは確実だ

結局、当日修理は難しいことが痛いほどわかったのだが
ぴんくちゃんは「〜サイクル」という文字に過敏に反応するようになっており
自転車屋な訳ない
突然左折したと思ったら、コレだった

今思えば、油圧のディスクはバイク屋なら簡単に直せるんではないか…

修理は断念し、うちの山(所有という意味ではない)でウィリーとかの練習をしたが
あまりに暑く、水が恋しくなったので、急遽市営プールに行った
コースが切ってあるプールに久々に行って、ちゃんと泳げるか謎だったが
25mを足を着かずに何本か泳ぐことができた
今日は上半身が筋肉痛だが、ちょっと水泳にもハマりそうだ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 10:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

MAGURAとわかりあえた記念日

Fブレーキの不調により一回しかMTBに行かなかったため
夏なのにブログのネタ不足に見舞われていた8月であったが
結局はショップに直してもらう程の不調ではなかった
先ほどぴんくちゃんから電話があり、「いい加減走りたいよね」と話してたら
自分でも分からないが、何か抑えきれない衝動が起こってしまって手を出してみた

手を出せば良かった、と後悔することは人生では多々あったが
今回ばかりは本当にもっと早く手を出してもよかったケースと言える
症状としてはレバーを握ってもスカスカで、パッドがディスクを挟まなくなっていた
オイルを交換してエア抜きすれば直ると思っていたのだが、良く考えたらオイル漏れをしてない
漏れてないなら新たにエアを噛んだことも考えにくいので、別の原因を模索してみた
とにかくネット上にMAGURA情報が乏しく、さらにCLARAというモデルは今では古い
そこで刑事のように、原点である現場から捜査のやり直しをしてみることにした
そうしたら、気付いてしまった
MAGURAとの和解
キャリパーの中央に、開けてはいけないパンドラの箱みたいなボルトが…
わたしは恐る恐るこの謎のネジを回した
するとネジの動きに同調して、パッドの間隔が変わっているではないか!
うぉ〜、ただパッドの間隔が広すぎただけだったのか〜、と痛感した
外では鈴虫が鳴いていた
『な、なつが終わってしまった…』と、私も泣いた

早速、今週末行くためにぴんくに電話したのは言うまでもない

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 19:15| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

約1ヶ月振りなのに15kmの登りを選択した話

昨日の日曜日は檜原村の浅間尾根に行ってみた
振り返ればポールさんと長野を走った時以来だから、1ヶ月振りだった
その間、泳いだり走ったりはしていたが、自転車で使う筋肉は衰えていたに違いない
にもかかわらず、最初から判ってはいたが延々と続く上りのコースに挑んでしまった
この所ネタ不足だったので、今日からちょっとずつ小出しにアップして行こうと思う
なおぴんくがSANYOの防水ザクティを購入したので、今回からザクティ素材でお送りします

とりあえず私は車、ぴんくは電車輪行なので武蔵五日市駅で待ち合わせたが
ぴんくが立川で青梅線への乗り換えを、ずっと別のホームで待っていたため30分遅れた
それで車のデポ地まで行ったのだが、MTB系のグループに何組か遭遇した
ということは、やはり定番のコースということなのだろう、と思い
たいした上りじゃないのでは!?と少しナメてしまった
始めは2車線の一般道だったが、道が細くなってからがヤバかった
顔が原形をとどめていないぴんく
ぴんくも久しぶり過ぎてかなり疲れていた
一方、今回の特別ゲストはキツイ上りにも平然とした顔だった
そしてズイズイ上っていくもののゴールが全く現れず、精神的にも結構きた
それでも頂は未だ目の前に現れず、ぴんくは若干壊れ気味だった
壊れつつあるぴんく
久しぶりなのにこんな過酷な上りの場所へ来て、少し後悔した我々だった

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 19:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヱヴァンゲリヲンとコラボするぴんく

さて今回のキツい上りのMTBには特別ゲストが1人同行した
9月1日に劇場公開となったヱヴァンゲリヲンから、碇シンジ君である
これはmasaからぴんくへのプレゼントなのであるが、タイミングよく公開翌日に手渡せた
ある意味、今回はヱヴァンゲリヲン公開記念MTBなのである
偶然にもぴんくのロッキーマウンテンとシンジ君は同じ配色で見事なコラボだ
ぴんくはバックパックのメッシュ部分にシンジ君をいれて走行していた
激しい上りで壊れたぴんくは、その後から休憩のたびにシンジ君と会話していた
その一部がコレ↓だ

見事なほど山の風景に溶け込んでいる…つづく

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 21:53| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

根っこツルツルとハイライト不足のコース

1ヶ月振りでも見事に上り切り、奥多摩周遊道路に出た
そこからちょいと下った所がトレイル入り口なのだが、冷気で汗が冷えた
これは下りは寒いかな、と危惧したが、結果的には再び汗だくになるハメになった
何故かというと、上り返しが激しく全然下っている実感がないコースのせいだった
しかも根っこが濡れてツルツル滑り、コケたぴんくは右腕を痛めたようだ
距離は長いが激しい箇所も無く、なんかイマイチ印象に残らないコースだった
一時的にフラットペダルに換装したぴんくは靴底がうまく噛まず苦労していた

ぴんくはとにかく背中の碇シンジ君を常に気遣って走っていた
時にはシンジ君に勇気づけられるシーンも見受けられた

↑ペダルを踏みはずしつつも何とか建て直すが、結局二人でコケた
それでもシンジ君への気遣いを忘れないところが岐阜のチルドレンらしい
このポイントでは攻略する楽しさを味わえたので、何度かチャレンジした

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 18:22| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。