2004年12月10日

色はオレンジでした

041210_1610~01[1].jpg
ぴんくちゃんとオソロです
おー、素晴らしい
手触りがナイナーイス!
さきほどお店からメールが来ました
全国でボクのがラストだそうです
すべり込みセーフだねー

041210_1611~01[1].jpg
そしてハイドレーションも付けられます
ハイドレーションはグレゴリー製
今のところ使う予定はないな

ぴんくちゃんありがとう
posted by がんがん at 16:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

今日も良い休日だった


今週末は土曜日仕事だったのだが
仕事が終わってから雨が降る前にぴんくちゃん宅へと出発した
しかし間に合わず、町田付近で降雨に見舞われた
まぁ覚悟していたことなので、サクサクとカッパを着て無事着いた
この雨が今日予定していたイベントにひと花咲かせてくれた
そのイベントとは、スバルに試乗に行く事なのであった
070219
前日にぴんくちゃんが試乗予約を入れ、行ったらすぐに乗ることができた
乗ったのはOUTBACK 3.0Rというレガシーの車高が高いバージョンだ
私はぴんくちゃん車に免許を忘れてしまったので運転しなかったが
保土ヶ谷バイパス→東名という時間をフルに活用した
試乗するにはとても良いルートで、更にレッドゾーンまでブン回してくれたので
ものすごく、この車のことが良くわかった
あっという間に高速道路の制限時速を60キロくらいオーバーした
足回りもドイツ車ほどではないが硬く締まっていて安定感抜群だった
スバルといえば4×4ということで、この雨の中で実力を発揮してくれた
濡れた路面の高速コーナーでもAWDのお陰で全く不安が無い(ぴんく談)
つまりスタッドレスを履けば雪道も楽々ということになる
これはYouTube等の動画でも明らかだが、悪路ならスバルかアウディだ
現在ボルボに乗っている人は見ないほうがいいかもしれない
なお、レガシーなら加えて地を這うコーナリングが味わえるという(営業担当談)
昨年のGWツーリングで上りワインディングにもかかわらず
鬼のような速さでブチ抜いていったレガシーを私は忘れない

これから他にも試乗大会を催す予定だが
いきなり初めから本命に当たってしまった感じは否めない
posted by がんがん at 22:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も良い休日だった その2


スバルを後にした我々は、車に積み込んであったMTBを乗るために横横を走った
そして、とある所に車を停め、チャリを組み立て山の中に入った
私がMTBに乗るのはかれこれ6年振りくらいだと思う
6年前はぴんくちゃんが下北沢から所沢までチャリで来て
我が家の周辺の山を走るという具合だった
ぴんくちゃんはその後、アメリカや九州でMTBの修行を積んで
今では足の短さは世界でも類を見ない程に成長した
そしてこの度、ぴんくちゃん所有車が2台になったので
私も再びMTBの世界に足を踏み込めるようになったのだ

登り始め5分ほどでもう太ももが逝ってしまった
しかし私のメンタルはなぜか折れないまま保たれていた
あまり無理せず、降りて押すなど程々に頑張ったのが功を奏した
0702192
しかし、この画像では足が伸びきらない位に太ももがヤラれているのがわかる
そして登りのあとには下りが待っている
この下り、なぜか私は自分でも不思議なくらい乗れていた
転倒率ゼロでとても楽しむことができた
タイヤが二つの乗り物は無理に制御してはいけない
というバイク&自転車の共通認識のお陰であったと思う、多分
とにかく、ものすごい疲れたが、ものすごい楽しかった

ペダルを漕ぎながら『バイクにチャリを積む方法』を真剣に考えていた

posted by がんがん at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も良い休日だった その3


山を抜けた我々は、そのままチャリで逗子マリーナへ向かった
当然だが海に向かう道はすべて下りなので、これもスピードが出て楽しかった
で、逗子マリーナ近くの名前を失念した食堂で、わかめ&マグロ丼を食した
0702193
あまりのボリュームに失神しそうになったが、結局完食できなかった
泥だらけだったので外で食べたが、2月でもなかなかどうして快適だった
食後の我々は海を眺め、ぴんくちゃんは「もうすぐ30〜!」と叫んだ
07021932
海と空の境界線が溶け込むようで美しかった
そんな海を眺めながら、鎌倉へ向けて砂浜を走ったのだ
0702194
posted by がんがん at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

今日も良い休日だった その4


鎌倉に着いた我々は鶴岡八幡宮で参拝することにした
私とぴんくちゃんはプロテスタント系の大学だが、細かい事は気にしない
どっちかというと私は中・高6年神道系私立だったので、神社が好きなのだ
最近、パワースポットに目が無い私であるが、ここは好きだ
由比ガ浜から続く参道を自転車を押して歩き
神社の敷地外に自転車を停めて、参拝しに入った
0702194
お賽銭を投げ、今年一年の無事をかしこみかしこみ願った(遅い)

今年無事に過ごせたら、お礼参りに来ようと思う
posted by がんがん at 00:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

チャリを漕ぎに行ったのだ


今回もぴんくちゃんと山でチャリに乗るため出掛けた
これで本格的なMTBは人生で2回目となる
行き先は富士山の麓に広がる青木ヶ原樹海である
20070414`1.jpg
土曜日の20時前に横浜を出発し、22時頃本栖湖に着いたのだが
この時期の富士五湖周辺はまだまだ寒く
情報によれば0℃近くまで冷えこんだという事だった
例によって、突撃!野営炊飯を豪華.verでやろうと思ったが
あまりに寒すぎて、鍋1回と肉数枚を食して寝袋に潜り込んだ
この時ある事に気付けば、事態はヒドくならなかったかも知れないのだが
奇しくも我々はそれを見過ごしたまま夜明けを迎えてしまうのであった


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 20:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駆け抜ける喜び


BMWのキャッチコピー、「駆け抜ける喜び」とはよく言ったものである
「駆け抜ける喜び」は駆ければ得られる喜びなのだ
とにかくなんでもいいから駆ければ良いのである
普段はエンジンパワーを借りて得ているが、自分の力のみで駆ければ
かいた汗の分だけ喜びも比例して増すというものだ
20070415`3.jpg
樹海に付きものである「自殺予防呼びかけ標識」が点在していたが
幸い、そのものは発見しないで済んだ
その代わりといっては充分すぎるほどだが、熊らしきものが前方を横切った
あんなデカくて黒い生物を私は知らない、熊以外では…
しかし、そんな事よりも重大な出来事が密かに進行していたのであるよ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 21:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

密かに進んでいた、ある出来事とは



このようにプイーンと本栖湖から樹海を通ってきて
西湖のほとりで昼飯タイムになった
no-title
やはり富士山を見ながらの飯は旨い、とほうとうを食べながら思っていた
しかし、前にいるぴんくちゃんの様子がみるみるオカシくなっていくではないか
朝起きたときは歯が痛いと言っていたのだが、実は風邪を召していらっしゃったのだ
なんだか真剣にヤバい事態になり、とりあえずぴんくちゃんを置いて
独り舗装路を走り、車を取りに戻った
西湖から本栖湖までアップダウン有りの10kmだったが、意外にすぐ着いた
車に乗り、今来た道を戻ったら、まぁ早いこと
エンジンパワーは素晴らしい
再び会ったぴんくちゃんは、死にそうに消耗していた
手早くチャリをバラして車に積み込み、ぴんくちゃんを寝かしつつ
そして紛失したというぴんく眼鏡を探しつつ、帰路に着いたのだ
途中、ぴんくちゃんの姉の同級生経営という、岐阜の製薬会社の風邪薬を買って飲み
助手席で汗をかきながら寝たら、ちょっと容態も良くなったみたいだった
少し元気になった所で、県道'S masa宛てのムービーを自分撮りしていた
その様子をみて、私もホッと胸を撫で下ろすことができたのだった
結局ぴんく眼鏡は見つからなかったが、ミラクルは今日起こった
今日は私が風邪を引いた

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 22:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

急遽決定!突撃MTB

29日,30日と県道'S masaと長野方面に泊まりツーリングに行く予定だった
しかし、29日にmasaが仕事という事になったので5日,6日に延期した
そんな矢先、毎度お馴染み岐阜のプリンス、ぴんくちゃんから電話があり
『明日MTB乗りに行かないグッド(上向き矢印)
と言うので、行く予定の場所がうちから近いことから
『じゃあ今からうちに来ればいいじゃん』
となって、夜に我が家にぴんくちゃんが来た
サクっと寝て、早朝6時前にうちを出発し埼玉県の長瀞へ向かった
今回で3回目のMTBである
事前情報は何も無かったが、とあるアウトドア店で山コースの情報を仕入れた
ですこし迷いはしたが、聞いた通りのコースに行った
こんなぴんくちゃんのmasaへのメッセージを撮りながら
こんな感じでサクっと下ったら、すぐ終わってしまった

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一本終えても、まだ午前中だったのよ

そんなこんなで一本目の山をアッと言う間に下ってしまった我々だったが
まだまだ時間はたっぷりとあるし、2本目を探し始めた
その途中、部活帰りらしいジャージ姿の地元中学生2人に「こんにちわ」と挨拶された
田舎に行くと中学生くらいまでの子は誰にでも挨拶してくれるから、感動的だ
で、その中学生達に道を尋ねてみたら、一人が物凄い美少年で腰を抜かす所だった
受け答えもとても素直で、目を見て話をして、爽やかで、信じがたい逸材だった
あんな男子が同じクラスに居たらヤバいと思う
と、ぴんくちゃんと今見た信じがたい光景を興奮ぎみに話しながら道を探し回った
いい景色にもいっぱい出会った
no-name_mountain.jpg

で、結局自力で探すと時間をロスしすぎるので、朝尋ねた店に再び行ってみることに
申し訳ないのでハイテクTシャツを購入し、情報を聞き出すことに成功した
その店員さん曰く『ホントにシークレットですから』らしい
本当に親切にしてくれて、手書きの地図まで書いてくれた

言われた通り言ってみたら、今まで無いようなナイスな所だったのだ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 14:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長い上りを制覇した後に待っているもの

これを書く直前、かなりショッキングな事が判明したのでテンションバッド(下向き矢印)でお届けします

さてさて、某ショップで聞き出した情報を元に某山に向かったのですよ
まずは舗装路を上らなければいけないのだが、ちょっと疲れたね
この上りを制覇した後には、必ず楽しいことが待っている
と考えなければ、とても気持ちを保つことは出来無いので要注意だ
折れそうになる気持ちを建て直しながらようやく登った先には、楽園が待っていた
よく登ってきたもんです
さすがに『シークレット』なだけあって、ハイカーや他のライダーに会わなかった
その分、手書きの地図だけを頼りに道を切り開いてゆく感覚は病みつきになる
果たしてこの道で合っているのか?をぴんくと話しながら判断していくのだ
岩ゴロゴロの下りや、バンクが付いた高速下りコーナーなど、一本で様々な要素があり
終始二人で「ウォ〜!」や「スゲ〜!」と叫びながら下っていた
これは我々の合言葉「もうすぐ30」ですのよ
これを言いながら激しくアホな事をする、っちゅう加齢へのアンチテーゼなんですの
夕暮れも近づき、一般道に降りついた時には、二人は長瀞フリークになっていた

最後に、ぴんくちゃんがどうしても載せてくれとうるさいので載せますが
くれぐれもこれを見た後、私に文句は言わないで下さいね
『つっちー(masa)、5月2日飲みに行くぞ。〜中略〜1,2,3,ぴんくちゃ〜ん』と言っています


はい、いやはや昨日はなんとも楽しい一日でしたが
今日は一転、ショックで立ち直れませんたらーっ(汗)

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 15:43| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

岐阜のプリンス再び

土曜日は天気も良かったので、ぴんくちゃんと4回目のMTBに行った
行き先は前回と同じ、埼玉の長瀞である
次回行くときに県道'S masaを同行させる為の下見も兼ねているのだ
今回私はステムを交換し、上り特性を伸ばしたので非常に楽しみだった
2004年に自転車やらないのに買ったぴんくとお揃いのバックパック
昨年ほぼ使わない内にぴんくの知り合いに売ってしまったので
新たに乗りながら水分補給(3L)ができるバックパック(コレ)も買った
売らなきゃ良かった、というのは結果論なので言わないことにする
服装も新調し、今回はかなり本気度が上がった状態で望んだのだった
ついでに私はau携帯なので、要所でGPS情報付き画像を撮影するという
なんとも自分のルートをデータベース化するのに良さげな計画もあるのだ

2回目なので道を探すこともなく、上りも楽になったので
いいペースで1本目の上りを制覇することができた
宝登山の山頂
そしてあえてバカな事をしながら下ってきたのだ


わざわざ登り直して撮った↓

なんとも爽快な1本目であった

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 18:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼食後、再びシークレットゾーンへ

昼食後に少々休憩した我々は、前回某ショップで教えてもらった
シークレットコースに再び行くことにしたのであった
ぴんくは『昨夜、毛布を出してくれなかったから』という理由で尻が痛くなった
毛布と尻の因果関係は未解明だが、痛さで第2の人格が出てしまったようだ

私は前回死にそうだった上りが、ステム交換で非常に楽になった
ポジションというのはまず何よりも大事な基本設定なのだと感じた

さっき居た山頂
↑シークレットコースの途中からは、朝登った宝登山を見下ろせる
自分が今居る場所の高さを再確認できるので感動的だ

登りきり再びトレイルに入ると様々な障害が目の前に現れる
MTBは2輪なのでもちろんコケる
MTBとはこういうスポーツです

ぴんく先生が設定した訓練ポイントをクリアできるまで繰り返す
そうすることで上達するらしい(私もそう思う)

↑私のチャレンジ


↑ぴんくちゃんチャレンジ

今回も非常に楽しかったが、翌日あることが・・・

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 18:57| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

au携帯のGPSを使ってみる

auの携帯ならどれにでも付いているGPS機能ですが
EZナビウォークや助手席ナビだけがGPSじゃありませんのよ
画像を撮る時にその場所のGPS情報を付加することができるのだ
GPS情報とは緯度経度の数値であり、地球上での絶対情報なのだ
GPS情報付きの画像はGoogleEarthで自動配置させることができ
ポイントごとに画像を撮っておけば、簡易ルートマップができるのだ
GPS情報から配置された図
図のように配置されたポイントを時系列を追ってツアーで巡るようにすれば
GoogleEarth上にオリジナルのルートが再現できるようになる
ツアーを保存して友達にメール添付して送ることもできる
↓これがツアーの一幕です
GPSの威力炸裂
このように地図では探しにくいポイントも、GPSで一発だ
今後もGPS情報を元に走ったルートをデータベース化していこうと思う

ちなみに翌日起こった事とは
私もぴんくちゃんも、むき出しだった足がパンパンに腫れた事だ
恐らく蜂かなんかの刺す系の虫の仕業と思われるが
ふくらはぎ回りが2倍くらいにむくんで、押すと跡が残る程だった
この時期は暑いからってハーフパンツで山に入るのはヤメた方がいいかもね

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 20:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

5月病

今週もMTBを乗りに山へ行ってきた
予定では初めてmasaを連れて行くはずだったが予定が合わずNG
前日に最近ブログをリニューアルしたこんさんが行きたいと言い
現地でMTBを借りる手はずが整ったので連れて行くことにした
場所は先週も行ったコースを半分の行程に短縮したバージョンにした
こんさんは山でMTBに乗るのは初めてで、正直言って未知数のレベル
舗装路の上りは自分のペースで登りきることができたので、私もぴんくも安心した
しかし山の中に入ると簡単には物事進まないのね、という事を実感した
こんさんは極度の下り恐怖症だったのだ
我々が余裕で行けると判断した所も、こんさん的にはNGだった

こんさんの無理そうなポイントは降車して下ってもらい、我々は訓練した

↑前回同様、訓練所と名付けたポイントの私

↑訓練所でのぴんくちゃん
こうしながらなんとか前進しつつも、岩や木の根がむき出しの箇所では
下り途中で5月病になるこんさん
↑このように自分と戦いつつも、最後は安全策を選択するこんさんだった
ぴんくちゃんと私は「絶対出来る!」「成功して自信をつけろ!」と
様々な方法でこんさんを鼓舞していたが、逆に我々二人の心が折れた
今でも鮮明に覚えているが、ポキッと何かが折れた音がした
そこから先は無残なもので、我々はなんてことない場所で傷を増やした
峠で出会ったロン毛のMTB乗りの人も言っていたが
自転車は7割メンタル、残りがフィジカルというのは本当だ
心が折れた瞬間、出来る事も出来なくなってしまう
そうなるかorならないか、は自分でコントロールしなければいけないのだ
私は昨日の山の中での出来事を「山中突発性五月病」と名付けた
全地球的に見れば、五月の風が爽やかな普通の休日だった

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 15:58| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

もう止まらない山逃避行

まるで現実の何かから逃げるように毎週山に行っているが
今週も例によって山でMTBに乗ってきた

今回は朝から前々から行きたがっていた県道'S masa、昼からぴんく彼女も参加したのだ
masaはバイクに乗っているし、オフ車経験もあるので
初回に関わらず良いパフォーマンスを見せてくれると期待していた
午前10時
↑午前10時、1本目は上りでも余裕があり、声にも張りがあった
毎度お馴染み訓練所も果敢にチャレンジし、全体のテンションが上がった
微妙なタッチのブレーキングに手を焼いたようだったが
ロックした状態でも焦ることなく、絶妙なコントロールを見せてくれた

↑この後masaは、タイヤがロックしたまま斜面から転がり落ちる、という
なんとも面白そうなことをやってくれたようだが、残念ながら私は見ていない


昼になり、ぴんく彼女が参加した
1本目よりは軽いが、さすがに体力的にヤバかったようだ
午後4時
↑午後4時、死んでるmasaと相変わらずのぴんくちゃん

↑中にはこんな人もいるが、やり終わった後にふと疲れた表情を見せるのはご愛嬌
じっくりペダルを漕げば、知らないうちに進んでいるのがMTBだ
なんとか最高地点まで上りきり、最後の下りは楽しめたようだ

で、風呂に入り、うまい焼肉を食って帰った
MTBの前日はいっぱい寝たほうが良い、と今回学んだ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 10:42| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

雨降っちゃイヤ

先週は長野に行ったのでMTBはお休みだった
昨日は当然だが日曜日だったのでMTBに乗ろうと予定していた
土曜の夜に来る予定だったぴんくちゃんは、結局来なかった
日曜の早朝になって『平和島で寝ちゃった』と電話があり、うちに到着した
たまには、ということで五日市方面に行ってみたのだが、怪しげな雲が立ち込めていた
MTBを組んで走り出したら雨が降ってきた
電話BOXで携帯電話
結局雨が止みそうにないので、車に戻って予定を考え直す事にした
車の中で寝たり、昼飯を食ったりしていたら天気が回復したので
このまま乗らずには帰れないという事で、うちの近所の狭山湖周辺を走った

山ではなく丘陵なのでヘビーな道はないが、脚力と心肺のトレーニングにはなる
全身泥まみれになったのは言うまでもない
狭山湖の堤防に着いたころには不思議な雲模様になっていて、いい眺めだった
狭山湖
38℃の湯がある武蔵村山の『かたくりの湯』にゆっくり入って帰宅した
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
タグ:MTB
posted by がんがん at 17:29| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

ぴんくが来る予感

夕焼け
今日は夕焼けが綺麗だった。
きっとぴんくちゃんが来る前触れに違いない。
MTBに乗るのは日曜日だが、土曜日から現地入りする予定だ。
壮大なアホ企画と共に・・・

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 21:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ほとんど登山だった

結局ぴんくちゃんは土曜日の朝に来た。
それからぴんくの仕事があるので御殿場へ向かい、私はアウトレットを独り彷徨った。
その後再びぴんくと合流して、ほったらかし温泉に行った。
ほったらかし温泉で山梨が生んだ最強レフティこんさんと待ち合わせた。
サッカートークも程々にゆっくり温泉に浸かり、私とぴんくは富士五湖に向かった。
そして車中で眠り、朝4:30から活動を開始した。
目指す山は頂上が1700mオーバーで、寝不足には辛い上りだった。
我々は序盤で、寝不足によって万全でない体調に気づき、道路上で急遽寝た。
約2時間ほど道路の上で寝たら少しは回復したが、上りはハンパじゃなかった。
登り中(まだ元気)
結局、ほとんど乗車しない登山状態で山頂に着いたのだった

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 23:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

仕事と趣味の両立とは、こういうことだ!

標高1700mの山頂には『仕事と趣味を両立させている人』がいた。
ジャパニーズ・サラリーマン

非常に仕事熱心な方だが、趣味もトコトン楽しむらしい
電話対応中
どんな時でも誠実に電話対応致します


市場の動きには敏感です
キャベツの卸値も入念にチェックです(ホントは東スポ裏1面)



お客様の元へ迅速に伺います

今日は非常に疲れた

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 00:07| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。