2007年03月10日

開通したので、さっそく…


W21CAに無くてW51CAにある機能

それは言わずもがなワンセグである(ほかにもおサイフなどある)

なので早速見てみた

070310_1348~0001.jpg

こっ、これはっ!あり得ないほど綺麗ではないか

と、一通り高機能を確認したところで、やるべきことをやろう

通販だったので電話帳データが移植されてないので自分でやる

といってもW21CAもW51CAもPCへのUSB接続&シンクロが可能なので

PCを介してエクスポート&インポートするだけで電話帳+画像などの移植完了
CA310063.jpg
到着して早々、カシオ携帯の良さを再実感してしまった

水没しようが紛失しようがPCに電話帳データのバックアップがあるので

新携帯に今のように移植すれば電話帳が元通りというわけだ

とか言って、他の携帯もこんなんだったらどうしよう、恥ずかしい


posted by がんがん at 14:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジョイ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

筑波山に行っちゃった話


筑波山に行っちゃった話です
なかなか良いパワーが出ていることで有名な場所です
せっかく行ったので筑波山中腹にある筑波山神社に行った
tsukujin1.jpg
神社に付き物の御神木も立派です
tsukujin2.jpg
日曜なのに誰も居なかった
というのは間違いで、人が居なくなるまで待っただけでした
きっちりお参りして、お願いしてきました
ここの上から山頂へ行くケーブルカーが存在するのだが
山頂は寒いに決まってるから行かないことにしたのだった


ラベル:神社
posted by がんがん at 10:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジョイ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

らふて〜リベンジ

昨年、まだぴんくちゃんが東京にいた頃の話になる
今年より残暑が厳しかった記憶がある今の時期に、ある企画が上がった
それはみんなでラフティング(通称:らふて〜)をしようぜ、っていうモノだ
ぴんくはその為に防水ザクティを購入し、準備を整えていたのだが
夏のラフティングは大変な人気のようで、どこの主催会社に聞いても一杯で断られた
結局、2007年中に我々が通称:らふて〜に参加することはなかった

なので今年はリベンジとなるわけなのだが
かなり早めに予約したので、余裕で希望日を押さえる事ができたのだ
ぴんくは岐阜にいるので参加しないが、『防水ザクティ貸して』と聞いたら
『……どっかいっちゃった』
と仰っていた、ちょっとカッコいいと思った

1艇につきガイドを除いて7人乗りなので、7人集めた
簡単に言うと、このブログのリンク集に載ってる人と、その友人である
その友人とは、来週晴れてMTBの犠牲者となり、今年のmotoGPを一緒に行くG君だ
通称:らふて〜
結果からいうと、毎日でもやりたいオモシロ遊戯である
こいつは大変なアクティビティである
MTBと肩を並べるオモシロさである
声を出して笑うという行為が人間に必要であることを実感できる
ぜひニュージーランドに行って通称:らふて〜とMTBをやって来たいものだ
終わった時には大半が初対面だった人たちとは思えなかった
またのイベントを企画したいと思う、と言うより
らふて〜は年末までやれるらしいので、今回が今年最後とは限らないのだ
事後

来週はG君のMTBデビューレポートをお届けする予定である
posted by がんがん at 18:07| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | エンジョイ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

脂鍋が脂っこくないという謎

GW真っ最中である本日は、前々から脂とメシを食おうという事になっていた
午前中から脂邸に赴き、脂夫妻と愛犬ビビへ再会の喜びを簡潔に伝えたり伝えなかったりした
脂夫妻

昨年のラフティング後に脂嫁は妊娠し、ただいま9ヶ月で見るからに妊婦の風体で現れた
私と同じくランニングにハマッている脂は、異常に「ふくらはぎ」が発達していた
そして同じく普通の靴で走ってたら足が痛いと言うので、ランニングシューズを買うように勧めた

脂は私が到着するなり「今日の晩飯は外に食いに行かないから覚悟しておけ」と宣言した
つまり、昨日から仕込んでいたという鳥ガラスープを用いた水炊きを食わせてくれるということらしい
肉屋で仕入れた鳥ガラを圧力鍋で時間をかけて煮出したスープは、脂が誇る自信作だということだ
食生活が乏しい私は水炊きを食べたことがないので、これには期待を膨らませずにはいられなかった
今回はさらに、その鳥ガラスープに加えて昆布と数種類の削り節から取った海系ダシを合わせるという
つまり、業界でいうWスープで水炊きを作ってしまおうという黄金週間にふさわしい一品なのだ
Wスープ


具材としては鶏肉、白菜、えのき、しめじ、まいたけ、しいたけ等、思い出せたのはそれ位である
完成した鍋は色彩的には地味であるが、フタを開けた瞬間から我々の食欲を刺激した
昼飯に超本格四川麻婆豆腐と白メシをお代わりした我々だったが、そんなのは問題ではなかった
スープは非常に上品で、何層にも重なった味がいい感じに一つにまとまっていた
そんなスープで煮た具材がおいしくないはずはなく、当然うまかった
手間暇かけた分の美味さが実感できる、大変優秀な一品を味わう事ができた

アルコール類無しで異常なスピードで具材を全部食べ切った我々は
地球が自転しているのが当然の事象であるのと同様に、あたりまえの流れで雑炊タイムになった
神だった
確実に八百万の神が雑炊に降りてきていた
鍋→雑炊


って、脂が私に書くように脅迫したとかそういう事ではない
うまいものは食欲を刺激するので、私は帰り道のバイク上で早くも空腹を感じていたのだった
ごちそうさまでした、大変おいしゅうございました by 岸朝子

posted by がんがん at 01:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | エンジョイ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

新年早々、ぴんくちゃんが来た話

あけましておめでとうございます(2回目)

2010年になってまだ2日目だというのに、ぴんくが岐阜からやってきた
ぴんくから誘われて、私はこの日も渋々出掛けていったのだった
ちょうど1月2日のブログ更新を済ませたばかりなので、ぴんくに会うのはタイムリーであった

新宿で会うやいなや、腹が減ったのでなにか食うか、という話になり
新宿駅前はとんでもない賑わいで、どこの店も入店するのに並ばなくてはならず
私とぴんくは人混みを避けるように新宿2丁目に逃避行したのだった
2丁目は確かにそういう系の人が集まる立地ではあるが、私達はそういう系ではない
新宿通り沿いに松屋があったので、MTB行きの朝によく松屋で補給していた私達は
もう松屋でもいいか、と最終決断をしようとしていた
しかし、松屋の隣に「肉屋が本気出した店」みたいな、よく覚えていないが
でも言われてみればそんな感じだった、と思われる店名を掲げる店があったので入ってみた
メニューを決める為の情報が明らかに足りない券売機を前に、我々は悩んだ
結局、私は肉レタスチャーハンなるもの、ぴんくは牛ステーキなるものを頼んだ
肉屋がどうのこうの の店
↑これが私の頼んだものである
1人1人のブースにIHクッキングヒーターが付いており、加熱調理前の状態で提供される
店員さんが砂時計をひっくり返し、それを目安に焼くというスタイルなのだ
自分好みに調理できるというメリットの影に、調理失敗しても自分の責任という
なんとも物悲しいデメリットも包含しているので、油断してはいけない

食後、私とぴんく定番のプロントで一杯引っ掛けようや、という流れになり
プロントなら無線LANも使えるという、どこで得たか分からない情報も手伝って
私達はプロント探しに精を出したのだが、正月でカフェタイムのみという店ばかりだった
新宿に絶望した我々は、やはり落ち着く池袋へ移動し、ヤマダ電器に行きつつも
無事にバータイム営業しているプロントを見つけ出し、入店したのだった
しかし、偽情報に踊らされたのか、無線LANは使えなかった

さっき飯を食ったにも関わらず、ありえない量の食べ物系の注文をした
そして入店1時間も過ぎた頃だと思うが、ご覧の有り様になった
プロントで寝るぴんく
はい、プロントで寝てますね(2回目)
前にも同じような事があったが、もう何も言うまい

その後、我々はどうしても無線LANを使用する必要があったのでマクドナルドへ行き
ぴんくは奥さんの実家へ、私は自分の実家へ西武池袋線で帰ったのだった
西武線のぴんく
posted by がんがん at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジョイ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。