2007年10月03日

motoGPに行った その3(最終回)

さて、なんとなく収束したように思えたmotoGPネタでありましたが
あの胸に響く最高峰のサウンドをなんとかお伝えしたいと思い、筆を執りました
決してマイクとスピーカーでは再現できないのは分かってますが、一応の動画(重い)です
エンジンメーカーによって排気音は全然違うけど、集団だと全く区別できませんね
最後にナイスガイのクリス・バーミューレンが遅れて1人で走ってきます
つまりそれがスズキのGSV−Rの音で、コモってない直接的な音ですね
来年はクリスがスズキのエースなので、ぜひとも頑張って頂きたいものです
ちなみに前回、masaとクリスの2ショット写真を掲載したが、二人は誕生日がたったの8日違い
あと動画中、チラっと右腕を振って興奮しているのは、オーストラリア人夫婦で
ケーシー(AUS)のチャンピオンが決まった時に「ワォ!グッジョブ!!」と叫んでいた
その後、夫妻はケーシーのパドック前で出待ちしていた

最後はやっぱりバロスで締めたいと思います
おれとバロス(2回目)
というよりドゥーハンとバロス以外に一緒に写っている写真が無かった
月並みな感想ですが、今年もmotoGPは楽しかった
おしまい


にほんブログ村 バイクブログへ


posted by がんがん at 20:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | motoGP大好け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
動画もグッジョブ!です。
テレビで見ていると カメラが完璧にライダーを捕らえていて かえってスピード感が無かったりします。
スピード感の感じられる良い映像です!
Posted by ニコ at 2007年10月04日 01:19
そう言って頂けるとアップして良かったです
パドック内は動画撮影禁止なので
この時しか動画撮るチャンスがなかったんですよね

今週末から徐々にMTBモードに戻ろうと思います
Posted by がんがん at 2007年10月04日 10:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。