2007年09月13日

冷静に落下してみる

さて前回からの続きであるが、前述の通り非常にグリップしない路面になっていた
それに加えてフロントブレーキが効くようになっていて、加減がよく分からない
変な話だが、以前は有り得なかったフロントのロックも起こるのだ
と、やってはいけない場所でフロントがロックしているが
スローで見ると実に冷静に対応して、落下速度を調節しているのが分かる
ちなみにバックで音楽が鳴っているが、コレはぴんく流の熊除けです

その後、もう一度チャレンジしてみたが
地味に右のスネを打ったが、男の子なので泣かなかった
スピードコントロール、ライン取り、姿勢、全てがイマイチである
気付かない内に恐怖心が芽生えて来てしまったのかもしれない
最近あまり訓練所にチャレンジしていなかった為と思われる
他のコースに行っても、なかなかこういったポイントは無いので貴重だ

最後に先週右手を痛め、湿布を貼りながらのぴんくちゃんをどうぞ
最後に私が鼻で笑っているが、悪意はありません
ちなみにぴんくのとっさのひと言第1位は「あぶねっ!」
過去の動画を見返してもダントツである


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


posted by がんがん at 18:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。