2007年09月03日

約1ヶ月振りなのに15kmの登りを選択した話

昨日の日曜日は檜原村の浅間尾根に行ってみた
振り返ればポールさんと長野を走った時以来だから、1ヶ月振りだった
その間、泳いだり走ったりはしていたが、自転車で使う筋肉は衰えていたに違いない
にもかかわらず、最初から判ってはいたが延々と続く上りのコースに挑んでしまった
この所ネタ不足だったので、今日からちょっとずつ小出しにアップして行こうと思う
なおぴんくがSANYOの防水ザクティを購入したので、今回からザクティ素材でお送りします

とりあえず私は車、ぴんくは電車輪行なので武蔵五日市駅で待ち合わせたが
ぴんくが立川で青梅線への乗り換えを、ずっと別のホームで待っていたため30分遅れた
それで車のデポ地まで行ったのだが、MTB系のグループに何組か遭遇した
ということは、やはり定番のコースということなのだろう、と思い
たいした上りじゃないのでは!?と少しナメてしまった
始めは2車線の一般道だったが、道が細くなってからがヤバかった
顔が原形をとどめていないぴんく
ぴんくも久しぶり過ぎてかなり疲れていた
一方、今回の特別ゲストはキツイ上りにも平然とした顔だった
そしてズイズイ上っていくもののゴールが全く現れず、精神的にも結構きた
それでも頂は未だ目の前に現れず、ぴんくは若干壊れ気味だった
壊れつつあるぴんく
久しぶりなのにこんな過酷な上りの場所へ来て、少し後悔した我々だった

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


posted by がんがん at 19:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。