2004年12月31日

『運命』と書いて『さだめ』と読む の巻き

今日(12月30日)はぴんくや白鳥さんと会ったのですが
去年の12月30日はうちのわんこであるグッピーが息を引きとった日なのです
今日は一回忌だったわけですね
油断すると遠くを見つめてしまいそうになる
そんな日に起きた出来事
SN250105.jpg
我が愛魚レッドフィンバルブちゃんが死んでしまいました
体長約20p享年2歳半でした
たくましい顔つきのカッコいいヤツだったのですが
なぜうちの動物さん達は年を越せないのでしょうか
と非常に心が痛みます

二人とも12月30日に生涯を終える運命だったのでしょうね
「死」というのは何故こうもあっけないのでしょう
動物はとても潔く命を終えますね
最近の人間は運命に逆らっているのではないかと
思ってしまうくらいです
レッドフィンバルブちゃん安らかにお眠り下さい

これで我が家は人間しか居なくなってしまったよ
犬のいない部屋、魚の居ない水槽
つわものどもが夢の跡


【関連する記事】
posted by がんがん at 02:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。