2008年12月09日

行き先不詳ツーリング

土曜日は脂、こんさんという中学・高校からの友人と酒を飲んだり、飲まなかったりした
場所は初の試みで立川をチョイスした
立川には河合塾があるのだが、高校3年の追い込み時期に、毎日自習室通いをした思い出の地である
会った瞬間からどうでもいい話が出来るというのは、もはや職人技とでも言うべき領域である
立川は12年前とは全く別の街のように変わったが、我々は変わっていなかった

明けて日曜日は良い天気だったので、真冬が訪れる前にツーリングでもするか、と思い立った
前回のキャンプツーリングで後半破綻した車載カメラシステムに代わる、新システム実験も兼ねる
結果から言えばまだ改良の余地ありだが、走りながら解決策を考え出したので、頭の中では完成した

そして今回は地図を持たずに、取り敢えず知らない道を走るというコンセプトのもと出発した
結局は知っている地名に引きずられて行ってしまう、という悲しい性を背負っていることに気付くのだが
途中までの全く何処を走っているのか分からない感じは、意外と面白い


山の上の方は3℃の時もあったが、走っていて寒いと感じた瞬間は無かった
最後に無理矢理イイ話っぽくまとめているが、究極的に暇だっただけ、というのはココだけの秘密だ
ただ、これがノンフィクションリアルムービーなのは事実である
みなさんもぜひどうぞ

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


posted by がんがん at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 県道’S(バイク・ツーリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。