2008年07月19日

エア抜き本番入りました

さぁ前回、トルクスレンチという障壁に阻まれ頓挫したエア抜き作業です
前回と同様に三脚を使ってMTBを宙吊りにセッティングした所からです
以下に書いてあることは、MAGURA(マグラ)のCLARAの場合ですので、参考までにどうぞ

まず、ブレーキパッドにオイルが付くと使い物にならなくなるので外して作業します
キャリパー本体にブリーディング用の穴があるので、2ミリの六角でボルトを抜きます
オイルが垂れるよりも早く、オイルを満たした注射器が付いたチューブをねじ込みます
フロントのセット
↑フロント
リアのセット
↑リア
実際はフロントとリアを同時には出来ません

キャリパーにお注射をセットしたらマスターシリンダーの蓋を取っても大丈夫です
逆に、この蓋を取ってからキャリパー側のボルトを抜くと、オイルがダァーっと出ます
オイルを全交換する場合は、その方法で抜いてしまえばいいと思います
蓋を取ったマスターシリンダー
ここからがブリーディングキットを入手した甲斐があったであろう工程になります
まず、マスターシリンダーを覆うようにチューブの付いたクリップみたいなものを付けます
キットの本領発揮
バイスプライヤーという工具のように、強く挟んだ状態を維持できるクリップです
これがオイルをこぼれさずに作業できるポイントになっているわけですな
セットしたら、注射器からオイルを注入していきます
エア抜き作業
溢れ出たオイルは見事にチューブを通ってリザーバー役の容器に溜まります
注射器側のオイルを全部注入しきったら、今度は注射器を引きます
するとリザーバー容器のオイルが注射器に戻ってきます
キャリパーやオイルホースを叩いて気泡を動かしながら、何度もこの作業をします
最後の工程に、注射器で圧を掛けながらレバーをにぎにぎします
にぎにぎして気泡を出し切る
これで気泡が出なければ、キャリパーからマスターシリンダーまでのエアは完全に抜けました

リザーバー容器を付けた状態で注射器を外し、キャリパー側のボルトを締めます
これでキャリパーからオイルが漏れる心配はなくなりましたね
そしてマスターシリンダーに付けていたクリップも外します
念のため、マスターシリンダーをオイルで満たしてから蓋をします
蓋をする際にあえて溢れさせないと、最後の最後でエアが混入するからです

そしてキャリパーにパッドを取り付ける際に、ブレーキクリーナーで脱脂して完〜成〜
仕上げに脱脂
パッドの間隔を規定値に合わせてから、初めてレバーを握ってみた
なんとも素晴らしいタッチであります
ジワっと効かすこともできるし、ガツンと効かすこともできる
本来のブレーキのタッチがこうであったことを思い出した
今回のことで自分でやれるようになったので、ブレーキへの不安が消えた

復活へ一歩近づいた


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


posted by がんがん at 00:29| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕があんなことしたり、こんなことをした大阪某所について調べてみました。 
無知って怖い・・
Posted by P at 2008年07月19日 13:59
Happy Birth Day!! to gungun

ハワイからコメントさせて頂きます。(ウソ)
昨日無事戻りました。プレゼントもありますよ〜。感動垂れ流しの旅でした。
Posted by masa at 2008年07月22日 09:49
きっとハーレー購入決定というお土産つきでしょ?
Posted by がんがん at 2008年07月23日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。