2009年04月01日

新年度ですね

大変ご無沙汰して申し訳ないと思うと共に、開き直りの感も否めない状況である

さて、今日は両国の方に撮影に行ったのだが、街中には新卒らしき若者が溢れていた
すでにフレッシュさの欠片も無い私が言うのもなんだが、頑張って頂きたい
私の身辺でも、地方に行く者あり、東京に舞い戻って来る者あり、と変化があった
かつてMTBを1回で引退したこんさんも、滋賀県草津市に赴任することになった
一瞬、群馬の草津温泉と勘違いしたのはココだけの秘密だが
滋賀といえば、ぴんくちゃんがプリンス業を務めている岐阜の隣なので
向こうで二人仲良く、よろしくやって欲しいと心から思うのである

そんな私は両国での仕事が恐ろしく早く終わったので、突発的に走り出した
とりあえず国道254号線を川越まで行き、川越から日高、名栗と結局馴染み深い場所に出た
今度、ぴんくちゃんとMTBで何度か行ったことのある蕨山に
脱メタボリックしつつある脂と登山をしようということが決定したので
MTBでは行かない、徒歩用の登山口などを下見しよう、と一瞬思ったりしたが
走っていたら楽しすぎて止まるのが面倒になったので、そのまま通り過ぎた
結局、秩父の手前まで、正丸峠をかすめるように走っている道で行った

当初は、機材一式積んでいるので桜なんかあったら撮りたいと思っていたのだが
CA390042.jpg
全くもって咲いていなかった
これはヒドい

と思ったら、一時は晴れ間さえ覗いていた空から水滴が落ちてきた
というわけで、道の駅あしがくぼでトイレに寄って国道299号で帰路についた
何度でも言うが、グリップカウルのお陰で、土砂降りでもグローブが濡れることは無かった
しかし、10年選手のゴアテックス雨カッパは縫い目から水が浸みるようになってしまった
CA390043.jpg


今年度はMTBもさることながら、登山もしようと思う
とりあえず近場の低山から入門してみようと思っている
そのうち、2000Mくらいの山に安全第一で行ってみたいとも思っているが
とりあえず計画的にランニングをして、基礎体力だけは養っていこうという状況である
それが転じてフルマラソンもいつか走ってみたい、という野望も芽生えつつある

全部挫折したら、千の言葉を用いて私を責めてもいい、というか責めてください


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
posted by がんがん at 18:12| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 県道’S(バイク・ツーリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

心のこもったコメント

つい先程、とても嬉しい事がありましたので、あえて本文に書かせていただきます。
また、普段書かないような内容ですので、この際書いておこうと思います。
前記事のコメントに対してのお返しということになりますが、コメント欄には長すぎるので。
そのコメントは
「MTBの記事を楽しみにしています」
という、書き手の私にとって嬉しいものでした。

あなたの体重を感じられる2行のコメントに、正直涙が溢れそうです。
私は今でも「ガンさん通信」の基幹はMTB記事だと、密かに思っています。
それまで身内が主な対象であった記事内容から、共通趣味で繋がる内容になりました。
実際、MTB記事で多くの方に「ガンさん通信」を見てもらうようになったと思います。
MTBは本当に面白いですし、なにせ1回行けば必ずブログのネタが大漁な最強遊戯です。
そして私が(今は30代ですが)30歳を手前にして、スポーツに目覚めた入り口なので
MTBには格別な思い入れと、感謝の念を抱いているのも事実です。

ご存知かと思いますが、当ブログのキラ−コンテンツぴんくちゃんが離京してから
共に頻繁にMTBをたしなむ変態ブタ野郎がいなくなってしまいました。
私の中でも、その時期には見えない線が引かれていて、それ以降は現在の通りです
そろそろ私の走破スキルも落ちているハズなので、実に何とかしたいですね。

ぴんくちゃんのお陰で多彩なコケ姿を披露する内容ではありましたが、それが売りでもありました。
ぴんくちゃん亡きあと(あ、生きてました)、当時と同様のコケやチャレンジは無いと思いますが
MTBを楽しむ一個人として、MTB記事を書いていきたいと心の底から思っています。
ちなみにMTBはいつでも山で走れる整備状態をキープしてありますよ

こんなブログですが、楽しみにしていて下さる方がいると知って、大変励みになりました。
とても嬉しいです。
心のこもったコメント、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

追伸
普段は言い切り型の文体ですが、それだと異様なので「です、ます調」になりました
次からは、元に戻ります


posted by がんがん at 23:33| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

ほぼ逝きかけました

さて、ココのところ「気が向いたら以上毎日未満」で走っていたのだが
気にしないようにすればするほど、ヒザが痛くなって仕方なくなっていたのだ
なので思い切って気にしてみた
グーグル先生に問い合わせてみた所、どうやらランニングシューズを履かないとヒザを痛めるらしいのだ
まったくの自己流で始めたランニングだったので、まさか靴が重要だとは知らなかった
そんなこんながあったので、イチロー効果もあってミズノのランニングシューズを入手した
ウェーブ フロンティア2という靴である
フロンティアという名前で決めたのはココだけの秘密だ
ミズノ.jpg

とにかくヒザが痛くなるのは、着地の時に踵(かかと)がブレることで起こるらしいので
この靴は踵をしっかり固定し、高いクッション性で着地時の衝撃を最小限にするらしい
まぁ文面ではなんとでも言えるから、実際に走ってみた

近所の多摩湖の堰堤が、6年間の耐震補強工事を終えて綺麗に生まれ変わったので、行ってみた
ちなみに多摩湖の堰堤は私の好きなロックフィル形式のダムである
多摩湖日没

それはさておき肝心の走り心地だが、一歩踏み出した瞬間から別世界だった
正直、傷ついた
着地の衝撃はほとんど感じず、蹴りだした足の力強さが違う
あとペースの維持が非常に楽で、疲れにくい気がする(というか実感した)
多摩湖の往復の距離は7.2kmあるのだが、非常に楽しく走ることができた
走り終えた今でもヒザは全く痛くなく、また走ろうと思わせてくれる靴だった


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
posted by がんがん at 00:50| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | SPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

『月刊 納車フロンティア』創刊しました

わたしの同志である県道's masaが、歴史あるZ1を売ってFZ1を買ったので、納車に付き合ってきた
水冷直4の逆輸入リッターバイクで、150馬力というバケモノである
昨年のキャンプツーリングがmasaの琴線に触れたのか、ココのところ怒涛の追い込みである
バイク、テント、コンロ、クッカー、包丁とまな板、ヘッドライト、イス、その他諸々が揃った
しかも、新しいFZ1にはサイドパニアケース、グリップヒーター、ロングスクリーンが装備されている
出会った頃のmasaならば指差して馬鹿にしていたであろう、見事なオッサン仕様である
まぁ、オッサンに片足突っ込んでいるのだから仕方ない

バイク屋でFZ1を受け取り、バイク小物を買いに行き、そのまま秩父方面に向かった
そんなつもりは毛頭無かったであろうmasaであったが、FZ1の余りの良さにホイホイついてきた
結果的にはとても納車当日に行くような道ではない所まで分け入って行ったが
かえってFZ1の懐の深さが納車当日に判ったのではないかと、勝手に良い方に考えている
私も秩父で運転させてもらったのだが、初めはビクビクだったのが最後にはビクンビクンになっていた
何を言っているのかサッパリ判らないだろうが、結論は物凄いパワーがあるのに従順で走りやすかった
跨るだけで興奮できるという、なんとも素晴らしいバイクなのであった

そこで、あの『月刊納車』では物足りないというフロンティア精神溢れる人用に、勝手に雑誌を創刊した
4月号の表紙はもちろんmasaとFZ1に飾ってもらった
ついカッとなって作った、後悔してますん


月刊納車フロンティア 創刊号


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
posted by がんがん at 02:45| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 県道’S(バイク・ツーリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。