2008年12月01日

ガンさん通信開設4周年記念

11月28日をもちまして、当ブログ『ガンさん通信』は開設4周年を迎えることができました
ここまで単調ではありますが続けてこられたのは、来て頂いて見て下さる皆様のお陰に他なりません
既に5年目に入っておりますが、今後とも私並びに『ガンさん通信」をよろしくお願い致します

というわけで、突然いつもの口調に戻るのはココだけの秘密だが、上記の通り開設4周年なのである
こちらからのリンクは既に無くしたが、初めはヤプログを利用していたのだ
いま初期の記事を読むと、とてつもなく気恥ずかしいナニかを感じる
丸ごとこちらのseesaaに移植したが、50ヶ月以前の記事から消えていくようだ
なので、こちらでは最初期の記事は読めなくなっているのだが、これは私にとってはある意味好都合だ

で、これだけ書くのでは味気無いので
せっかく一度しかない4周年記念なのだから何かしようと思い
富士山を拝みつつ、富士吉田の吉田うどんと忍野うどんを一気食いしつつ、風呂に入りにいった
吉田うどん.jpg
これらのうどんの特徴は、非常に小麦感あふれるワイルドな食感の麺である
これは讃岐うどんに慣れた人には驚愕のうどんである
それを2軒はしごして腹が一杯になりすぎた所で、毎度おなじみほったらかし温泉に行った

当初から、あわ良くば景色の良い所で4周年記念コメントでも撮ろうという魂胆だったので
衆人環視のほったらかし温泉にて、無許可で皆様へのコメントを収録させて頂いた
チョロっと背後を通る人物は気にしないでも大丈夫である


今後ともよろしくお願い致します
posted by がんがん at 02:51| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

行き先不詳ツーリング

土曜日は脂、こんさんという中学・高校からの友人と酒を飲んだり、飲まなかったりした
場所は初の試みで立川をチョイスした
立川には河合塾があるのだが、高校3年の追い込み時期に、毎日自習室通いをした思い出の地である
会った瞬間からどうでもいい話が出来るというのは、もはや職人技とでも言うべき領域である
立川は12年前とは全く別の街のように変わったが、我々は変わっていなかった

明けて日曜日は良い天気だったので、真冬が訪れる前にツーリングでもするか、と思い立った
前回のキャンプツーリングで後半破綻した車載カメラシステムに代わる、新システム実験も兼ねる
結果から言えばまだ改良の余地ありだが、走りながら解決策を考え出したので、頭の中では完成した

そして今回は地図を持たずに、取り敢えず知らない道を走るというコンセプトのもと出発した
結局は知っている地名に引きずられて行ってしまう、という悲しい性を背負っていることに気付くのだが
途中までの全く何処を走っているのか分からない感じは、意外と面白い


山の上の方は3℃の時もあったが、走っていて寒いと感じた瞬間は無かった
最後に無理矢理イイ話っぽくまとめているが、究極的に暇だっただけ、というのはココだけの秘密だ
ただ、これがノンフィクションリアルムービーなのは事実である
みなさんもぜひどうぞ

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
posted by がんがん at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 県道’S(バイク・ツーリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

ブログをもう一つ作った。ザクティも買った。反省している。

当ブログも5年目に突入したことだし、なんか変化が欲しいなぁと思っていた
結局思いついたのは、もう一つブログを作るという事だった
ただでさえ更新頻度が多いわけでもないのに、ナニをトチ狂ったんだ?とお思いかもしれない
最近見ていただいている方にはお判りかと思うが、最近は動画が増えた
私はこの様に、あれこれと訳の判らない事を書くのも好きなので、活字と動画だと非常にクドい
なので新しい方は動画専用ブログとし、『ガンさん通信 別腹』と名付けた
名付け親が私だということは、この際隠すつもりは無いが、非常に残念なセンスだ
お腹いっぱいでもなんとか見ていただける、という意味にも取れると、今思った
そんな状況にもめげずに、無事に運用開始の運びとなった

新ブログを記念して、Xacti(ザクティ)をAmazonで購入し、先ほどペリカンさんが持って来てくれた
SANYO Xacti
サンヨーさんはいろいろと大変そうなので、ぜひとも頑張って頂きたいものだ
理由はやはり、振動に一番強いメモリーカード記録という点と、コストパフォーマンスだ
Web上の動画がメインだと思うので、フルハイビジョンじゃなくハイビジョンにした
ハイビジョン以下の編集だったら私のPCなら不安なくイケる、というのも選択理由である
フルハイビジョンの編集はグラフィックボードをもう1枚入れる位しないと、ハッキリ言って自信がない

なんだかんだ言って、静止画も1200万画素で記録できるというのも、いざという時に助かる材料になる
同時に購入したものは、予備バッテリー2個とSDHCカード16GB2枚である
あとはバイクにシガーソケットを装着したら、電源を取りながら撮影できるようになる
出先でバッテリー切れというのが、一番やり切れない気持ちになるので、全力で回避していくつもりだ

これから上手いこと二つのブログを差別化していくのが、今後の課題でもあり楽しみでもある
同じトピックを扱う場合でも、こちらは気持ちが熱い内に書けるようにスピード重視で
別腹は、動画編集に時間が掛かるので、後から追っかけ更新という具合に使い分けていきたい
直後の熱い気持ちも大事にしたいし、いろいろ時間も掛けたい、という思いの両立を目指すつもりである
あくまで理想の話でもある


『ガンさん通信 別腹』

追記:文字を大きくしてみました

にほんブログ村 バイクブログへ
posted by がんがん at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

2008年中にやっておきたかった事〜その1〜

2008年中にやり残した事は何かと考え、その中で今すぐ出来るモノを実行してみた

まず、せっかく調達したザクティを車載する為のマウントである
走行中、目の前でグラグラ揺れているカメラを見つつ考えたのだが
結局、走りながら考えた絵空事なんて大したことないと判ったので却下した
詰まる所、家にある物とホームセンターで発掘したアイテムを組み合わせて
下記のようなシステムが今ここに完成した
車載マウント
幾度もの失敗を経て、私が必要だと確信した要素は以下の2つである
まず、土台が軽量かつ堅牢であり、振動にビクともしない構造である事
2つ目は、いかなる積載量でも容易に水平が出せる柔軟性を持っている事
この2つを実現するのは、モノさえ揃えば案外簡単であった

まず軽量と強さを両立させる為には材質から選び直す必要があった
そこで目を付けたのはステンレス製プレートである
一枚でも十分な強さがあるが、今回はヤケクソ3枚重ねを採用
おまけにステンレスなので錆びないという、特典付きでもある
これを計3点で締めて、万が一の時に回転を防ぐ念の入れ方で留める

次に万を持して登場するのが、ベルボン製クイックレベラーである
これは本来、三脚と雲台の間に設置するもので、用途としては
雲台自体に水平を出して、カメラが回転時に水平を失わないようにする物だ
なんのこっちゃ分からないと思うが、そういう物なのである
ちなみに今現在は販売終了となっている代物である

プレート3点留めの中央に位置する部分に、件のクイックレベラーを配置し
三脚の穴は世界共通で1/4インチなので、そのボルトでプレートと共締めする
※ちなみに大型三脚などは3/8インチのネジもあるので注意が必要
近所のドイトに平然とインチねじが売っているのは、ココだけの秘密だ

あとはザクティを雲台に取り付け、水準器で水平を出せば万事おkである
ザクティのグラ付き防止用に滑り止めマットを噛ませてある
走行中はプレートからザクティまで全体を、さらにクランプで固定する予定だ
上記で2千円くらいで済んだので、許せる。ああ許せる
ついでに、この2週間でとてつもなくネジやら何やらに詳しくなった

もう一つ、やり残したことで出来る事があったので、次に続く


にほんブログ村 バイクブログへ
posted by がんがん at 10:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

バイクでカーナビ

もう一つやり残したことは
正直やらなくても困らないが、やれば素晴らしい事である

それはバイク用カーナビゲーションの導入である
と言っても専用品は6〜10万円したりするので、即効で却下
もう答えは一つしかないに決まっている
それはPSPのGPS機能を利用したカーナビである
PSPでナビ

とはいえ、私はPSPを持っていないので買ってきた

10月に仕様変更があったばかりの3世代目ということである
これに別売りのGPSレシーバーを付け、ナビ用のソフトを起動すれば
PSPがソコソコ使えるカーナビに変身するという触れ込みなのだ
もちろん様々なデータをダウンロードしてデータを更新していけば
ナビソフトが常に最新の状態で使えるという点も売りなのだそうだ
自分だけの登録地点データや最新データはメモリースティクに保存する
なので4GBのメモステを買ってきたが、なぜメモステはあんなに高いのか
SDは16GBで1900円だったのに、メモステは4GBで4000円って
冷静と情熱の間で良く考えてもらいたい
MAPLUS2画面
※上の画像は透明のプラスチックケースを装着しています

では実際のGPSの精度はどんなもんなのか
測位してすぐに現在地が表示されたのだが、道一本すらズレていなかった
これは一昔前の自動車用カーナビより遥か上を行く精度である
実際に走行はしてみてないので、ルート案内などは未知であるが
走りながら現在位置が分かるというだけでも、ライダーには貴重な情報だ

さて、ここまできてずっと疑問に思っている方もおられると思うので
ここで思い切って、その話題に触れてみようと思う
それはバイクへの安全で完璧な取付け方法である
この2週間、ありとあらゆる時間も惜しんで考えてきた結果、ある形に行き着いた
それを可能にするのは、画像にも写っている透明ケースだと思う
つまり、それがPSP購入へのグリーンシグナルだった訳でもある
だが、今日はまだ試してみてないので、またの機会に
ついでにシガーソケットを装着して、せっかくだから電源も確保したいと思う

もうこれで、ツーリング時に私が勘で行った道が間違っていて
「お前の勘は信用できない」(マジ口調で)
と同行者に言われることは無くなるに違いない

私の2009年のキャンプツーリングへの意気込み、分かって頂けただろうか?


にほんブログ村 バイクブログへ


posted by がんがん at 22:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 県道’S(バイク・ツーリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

雪不足スノーボード

今年最後のスノーボードに行って来た
言い方を変えると、今シーズン初である
私にとっては人生で5回目のスノーボードにあたる

ニュースでもやっている通り、今年は関東のスキー場は雪不足だそうで
今回行った「たんばら」も、降雪機で頑張った感じのコンディションだった
つまり滑走部分以外は秋のままで、不自然に白い帯が広がっている状態であった
リフトでドリカム状態
現地に到着して着替えようと思ったら、ウェアの上着を家に忘れていた
なので右端の私が着ているウェアは、急遽レンタルしたものであるが
この緑色が以外にも評判が良く、結果的に良かったというのはココだけの秘密だ

そして私はせっかくザクティを買ったので、無謀にも持って行った(防水ではない)
みなさんが期待するような、コケて1発故障みたいな事はなかったので許してもらいたい
5回目ともなると、そう簡単にコケていられないのだ

せっかく開設した動画専用ブログ『ベツバラ』に上げるまでもないので
今回はこちらに貼り付けさせて頂くことにする
前半は私が滑ってくる所、後半がG君と併走して撮影したものになっている
雪不足なので非常に人も少なく、ストレスフリーなスノーボーディングであった

上の表示枠だと640px×512pxなので、オリジナルの1/4の面積の小ささになっている
Web上で見るサイズはこんなものだろうから、今の画質なら充分と言える
ただしエンコードという書き出しの際に、うちのクアッドコアでさえ唸っていた
フルハイビジョンだったら、きっとヒドいことになっていた

MTBをやり始めてから、スポーツウェアについて色々と試行錯誤してきたが
この冬、ようやく私の中で一つのゴールに辿り着いた感がある
つまり、真冬に於ける発汗を伴うスポーツに最適な服装である
私の場合は、素肌にアンダーアーマーの汗を熱に変える厚手のインナーを着る
次に、ソフトシェル(私の場合はパタゴニアのコアスキン)を一枚着る
MTBだったら、上記でOKではなかろうか
スノーボードだったら、上記にスノーボードウェアを着れば良い
動いて汗が出てもムレる事も無く、その汗が冷えて体温が奪われる事もない


ゲレンデに広瀬香美の曲は掛かってなかった
それだけが残念でならない


にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
posted by がんがん at 23:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

ヘルメットにスピーカーを仕込む

さて、PSPを使用して、バイクでカーナビが使えるようになったのはお伝えしたが
『400m先、左です」等の指示音声が聞こえない、との苦情が各方面より数多く寄せられた
私も、そんな声に応えなくてはオチオチ年も越せない、という事で何とかしてみた
そんな訳で、フルフェイスとジェットの両方にスピーカーを仕込むことにしたのだ
何故かって、都道府県によっては条例でイヤホンの使用が違反になったからである

ヘルメットスピーカー
@まず材料であるが、余っていたSONY製ヘッドホンと300円で買ってき たヘッドホンを流用する

A限界まで分解し、ハンダ付けを使用して、オスのプラグをメスに付け替える
 特にオスでもメスでも構わないと思うが、見た目的にメスの方が収まりが良いと感じたからだ
 この時点で一度テストで音が出るかを確認し、大丈夫であれば次に進む

Bグルーガンというホットボンドでヘルメット内部にスピーカーとプラグを固定する
 ヘルメットを装着した時に、耳や頭部に違和感が無い位置に固定するのが望ましい
 少々耳から離れていても、ヘルメット内部に音が響くので充分に聞こえる
 なので、装着した際の快適さの方を優先して、取り付け位置を出す方が良いだろう

Cホットボンドが冷えて固まったら、外しておいた内部のパッドを取り付けて完成だ
 何も接続しない時でも、全く普通のヘルメットに見え、支障なく使える仕様になっている

再生機器との接続にはオス-オスのミニプラグを使うと非常にスッキリする
私はビクターの巻き取り式のCN-MM100Rという製品を愛用している
CN-MM100R


なお、コレだけでは余りにも意味不明だと思われるため、この作業を動画に撮ってみた
興味を持たれた方は是が非でも参考にして頂きたい



同じ内容ですが、ニコニコアカウントが無い方はこちらをどうぞ




にほんブログ村 バイクブログへ

posted by がんがん at 18:06| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 県道’S(バイク・ツーリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。