2007年05月07日

長野に行ったのでした

GW最後の2日間、私は県道'S masaと長野に行ったのだ
致命的な渋滞に巻き込まれることは一度も無かったが、
一本道上でペースの合わない自動車の後ろに付いてしまい
折角のツーリング気分が萎えちゃった場面も確かにあった

しかし、そんな後は温泉に入り気分をリフレッシュした
穴観音
東京近郊の無臭温泉に慣れてしまっていたので
いかにも温泉、という硫黄泉は新鮮に感じて非常に良かった
小布施にある「おぶせ温泉 穴観音の湯」
計画したより早くスケジュール消化していたので
全体的にノンビリしたツーリングが進行していったのであった

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
posted by がんがん at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 県道’S(バイク・ツーリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今回の目的

今回の目的地を長野に決めた理由が戸隠神社である
神話に登場する、非常に歴史ある由緒正しき神社なのだ
戸隠は戸隠そばで有名であり、中社の周辺にはそば屋が沢山ある
我々は空腹に耐え戸隠までやってきたので中社でお参りし、そばを食べた
中社
ここまでは良かった・・・

ただ戸隠神社には、戸隠山を見上げる場所に奥社があるのだ
奥社に行かなければ戸隠に行ったことにはならない、と考え
無謀にも我々はバイク装備である『革パン、重ブーツ』で行ってしまった
CA310030(2).jpg
↑参道の入り口。奥社はこの2km先だった

CA310032(2).jpg
600m程行くと、このようにご利益のありそうな参道風景になる
杉の巨木が両脇にズラ〜っと並び、気分が盛り上がってくる、ハズだが
この時の我々は、『革パン、重ブーツ』地獄に見舞われ
老若男女全てに追い抜かれるという失態を犯していたのだ

この先は上り坂で、いっその事全裸になって走りたかった

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
ラベル:ツーリング 長野
posted by がんがん at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 県道’S(バイク・ツーリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥社、おそるべし

そんなヘトヘトな状態の我々がやっとこさ着いた奥社は
まさに神話の世界という険しい山の神社であった
CA310040(2).jpg
非常に疲れたので動画も撮っておいた

なんか余程の理由が無ければこんな所に神社は作らんだろう
と思ってしまう、非常に効きそうな場所であります
ここで私は縁結びのお守りを有難く頂戴しました
070507_2130~0001.jpg

そして着いたからには、もちろん戻らなければならず
足が悲鳴を上げてしまっていたが、大人なので頑張った
CA370004(2).jpg
・・・大人だからね

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
ラベル:長野 戸隠 神社
posted by がんがん at 22:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 県道’S(バイク・ツーリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の県道'S

好天に恵まれた初日は長野市内に一泊した
去年のタコ部屋とは比較するのも恐ろしい程まともなホテル
見知らぬ街で0時過ぎまで食って飲んでをしていた我々にとって非常にありがたいのが
翌朝正午チェックアウトという、なんとも嬉しい好条件であった
結局いいとも増刊号を見終わってホテルを出発したのであった

なぜそんなにノンビリなのか、それは雨だったからである
寝ても覚めても雨だったのである
我々は上下カッパを着込み、さっそうと走り出した
もう高速に乗って一気に帰っても良かったのだが
走り足りない症候群で、雨なのに長野市から藤岡まで下で行ってしまった
タイトなワインディングも碓氷バイパスも濃霧でヤバかったが
ウェットでのグリップ性能を再確認できたし、充実していた
他のバイクにはすれ違いすらしなかったが、『好きだから』という理由だけで走る
そういう動機も実に素直でいいじゃないか、と思いながら走った
実際、土砂降りでも濃霧でも走っていて楽しかったし、顔は笑顔だった

藤岡で高速に乗った我々は、すぐの上里SAでトイレ休憩した
渋滞を消化するために1時間程休憩し、クリアな道を走って帰る予定だった
走り出し前に「遅れたら先に行っていいから」とmasaに言って帰ったのだが
薄暗くなっていく中、全くもってその通りになったのだった
前を走っていたmasaが横に並び、なにやら私のヘッドライトを指差すではないか
走りながらちょっと前を覗き込むと、ヘッドライトが点灯してなかった
指摘を受けてmasaに先に行ってもらい、私は嵐山PAでチェックした
ローが切れて、ハイビームは生きている状態だった
ハイビームのまま走ると周りの車が眩しいので、何とか頭をひねったら
CA310043(2).jpg
↑こういう結論になった(上向きの光線をカットしているのです)
ちょうど雨だったので、給油のレシートがペタッと貼り付いたのだ
100km/hで走ったら飛んでっちゃうかな、と危惧したが
家に着いても貼り付けた状態のままであった
これには我ながら驚きを隠せなかった

とにもかくにも、ツーリングとはネタに事欠かないイベントなのである

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
ラベル:ツーリング
posted by がんがん at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 県道’S(バイク・ツーリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

巷では

ハンカチ王子が六大学野球を賑わしているが
私がニュースで注目してしまうのは対戦チームである
ここ2戦続けて惜しくも僅差で敗れている立教だ
何気に接戦を展開しているが、毎回ハンカチに抑えられて非常に悔しい
ハンカチ王子をマウンドから引きずり下ろし
冷や汗をハンカチで拭き拭きさせる所を是非とも見たい
古舘さんも今日の本番中に思わず言っていた
『立教も勝って欲しい』と
来たる大学全入時代の競争激化に備えて
いい機会だから、みのもんたも立教をもっと話題に出して欲しいもんだ
posted by がんがん at 02:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

岐阜のプリンス再び

土曜日は天気も良かったので、ぴんくちゃんと4回目のMTBに行った
行き先は前回と同じ、埼玉の長瀞である
次回行くときに県道'S masaを同行させる為の下見も兼ねているのだ
今回私はステムを交換し、上り特性を伸ばしたので非常に楽しみだった
2004年に自転車やらないのに買ったぴんくとお揃いのバックパック
昨年ほぼ使わない内にぴんくの知り合いに売ってしまったので
新たに乗りながら水分補給(3L)ができるバックパック(コレ)も買った
売らなきゃ良かった、というのは結果論なので言わないことにする
服装も新調し、今回はかなり本気度が上がった状態で望んだのだった
ついでに私はau携帯なので、要所でGPS情報付き画像を撮影するという
なんとも自分のルートをデータベース化するのに良さげな計画もあるのだ

2回目なので道を探すこともなく、上りも楽になったので
いいペースで1本目の上りを制覇することができた
宝登山の山頂
そしてあえてバカな事をしながら下ってきたのだ


わざわざ登り直して撮った↓

なんとも爽快な1本目であった

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 18:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼食後、再びシークレットゾーンへ

昼食後に少々休憩した我々は、前回某ショップで教えてもらった
シークレットコースに再び行くことにしたのであった
ぴんくは『昨夜、毛布を出してくれなかったから』という理由で尻が痛くなった
毛布と尻の因果関係は未解明だが、痛さで第2の人格が出てしまったようだ

私は前回死にそうだった上りが、ステム交換で非常に楽になった
ポジションというのはまず何よりも大事な基本設定なのだと感じた

さっき居た山頂
↑シークレットコースの途中からは、朝登った宝登山を見下ろせる
自分が今居る場所の高さを再確認できるので感動的だ

登りきり再びトレイルに入ると様々な障害が目の前に現れる
MTBは2輪なのでもちろんコケる
MTBとはこういうスポーツです

ぴんく先生が設定した訓練ポイントをクリアできるまで繰り返す
そうすることで上達するらしい(私もそう思う)

↑私のチャレンジ


↑ぴんくちゃんチャレンジ

今回も非常に楽しかったが、翌日あることが・・・

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 18:57| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

au携帯のGPSを使ってみる

auの携帯ならどれにでも付いているGPS機能ですが
EZナビウォークや助手席ナビだけがGPSじゃありませんのよ
画像を撮る時にその場所のGPS情報を付加することができるのだ
GPS情報とは緯度経度の数値であり、地球上での絶対情報なのだ
GPS情報付きの画像はGoogleEarthで自動配置させることができ
ポイントごとに画像を撮っておけば、簡易ルートマップができるのだ
GPS情報から配置された図
図のように配置されたポイントを時系列を追ってツアーで巡るようにすれば
GoogleEarth上にオリジナルのルートが再現できるようになる
ツアーを保存して友達にメール添付して送ることもできる
↓これがツアーの一幕です
GPSの威力炸裂
このように地図では探しにくいポイントも、GPSで一発だ
今後もGPS情報を元に走ったルートをデータベース化していこうと思う

ちなみに翌日起こった事とは
私もぴんくちゃんも、むき出しだった足がパンパンに腫れた事だ
恐らく蜂かなんかの刺す系の虫の仕業と思われるが
ふくらはぎ回りが2倍くらいにむくんで、押すと跡が残る程だった
この時期は暑いからってハーフパンツで山に入るのはヤメた方がいいかもね

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 20:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

5月病

今週もMTBを乗りに山へ行ってきた
予定では初めてmasaを連れて行くはずだったが予定が合わずNG
前日に最近ブログをリニューアルしたこんさんが行きたいと言い
現地でMTBを借りる手はずが整ったので連れて行くことにした
場所は先週も行ったコースを半分の行程に短縮したバージョンにした
こんさんは山でMTBに乗るのは初めてで、正直言って未知数のレベル
舗装路の上りは自分のペースで登りきることができたので、私もぴんくも安心した
しかし山の中に入ると簡単には物事進まないのね、という事を実感した
こんさんは極度の下り恐怖症だったのだ
我々が余裕で行けると判断した所も、こんさん的にはNGだった

こんさんの無理そうなポイントは降車して下ってもらい、我々は訓練した

↑前回同様、訓練所と名付けたポイントの私

↑訓練所でのぴんくちゃん
こうしながらなんとか前進しつつも、岩や木の根がむき出しの箇所では
下り途中で5月病になるこんさん
↑このように自分と戦いつつも、最後は安全策を選択するこんさんだった
ぴんくちゃんと私は「絶対出来る!」「成功して自信をつけろ!」と
様々な方法でこんさんを鼓舞していたが、逆に我々二人の心が折れた
今でも鮮明に覚えているが、ポキッと何かが折れた音がした
そこから先は無残なもので、我々はなんてことない場所で傷を増やした
峠で出会ったロン毛のMTB乗りの人も言っていたが
自転車は7割メンタル、残りがフィジカルというのは本当だ
心が折れた瞬間、出来る事も出来なくなってしまう
そうなるかorならないか、は自分でコントロールしなければいけないのだ
私は昨日の山の中での出来事を「山中突発性五月病」と名付けた
全地球的に見れば、五月の風が爽やかな普通の休日だった

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 15:58| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

もう止まらない山逃避行

まるで現実の何かから逃げるように毎週山に行っているが
今週も例によって山でMTBに乗ってきた

今回は朝から前々から行きたがっていた県道'S masa、昼からぴんく彼女も参加したのだ
masaはバイクに乗っているし、オフ車経験もあるので
初回に関わらず良いパフォーマンスを見せてくれると期待していた
午前10時
↑午前10時、1本目は上りでも余裕があり、声にも張りがあった
毎度お馴染み訓練所も果敢にチャレンジし、全体のテンションが上がった
微妙なタッチのブレーキングに手を焼いたようだったが
ロックした状態でも焦ることなく、絶妙なコントロールを見せてくれた

↑この後masaは、タイヤがロックしたまま斜面から転がり落ちる、という
なんとも面白そうなことをやってくれたようだが、残念ながら私は見ていない


昼になり、ぴんく彼女が参加した
1本目よりは軽いが、さすがに体力的にヤバかったようだ
午後4時
↑午後4時、死んでるmasaと相変わらずのぴんくちゃん

↑中にはこんな人もいるが、やり終わった後にふと疲れた表情を見せるのはご愛嬌
じっくりペダルを漕げば、知らないうちに進んでいるのがMTBだ
なんとか最高地点まで上りきり、最後の下りは楽しめたようだ

で、風呂に入り、うまい焼肉を食って帰った
MTBの前日はいっぱい寝たほうが良い、と今回学んだ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
posted by がんがん at 10:42| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。