2007年02月02日

肩ズレる


前々から肩を動かすとポキポキ、又はパキパキと音がしていたのだが
先日のスノーボードでの転倒時に、何度か受身体勢をとったせいか
以前に増してボキボキ、又はバキバキ(どっちでもいい!)
という感じに見事、昇格した。 しかも、ちょっと痛い…
紛れも無く、肩が正常な接合状態ではないという事だ

ここで以前から暇さえあればしていた妄想が、より強く脳内を占領する
それは整体に行って、体の関節部分をあらぬ方向に
「うおりゃっ」と押すんだか引くんだか曲げるんだかして、正常な状態に矯正する
という、恐そうだけど気持ちよさそうな行為の妄想だ
もし整体で綺麗さっぱりに関節がハマるんだったら、マジで行きたい
ついでに、正面から見た時に右肩が大きく下がってるのも直して欲しい
整形外科で聞いたら「鞄とか荷物とか全部右肩に掛けたり持ったりするでしょ?」
と言われたが、まさにその通りなので、きっとソレが理由だろう
全部が矯正された状態を想像しただけで、少し楽になってきた
なんか身長も2〜3cm伸びてるし(妄想)

この自分の単純さがたまらない
posted by がんがん at 01:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

いい日旅立ち


今日は仕事終わりに、こんさんと待ち合わせた
物事を難しく考えすぎる時期に入ってしまったこんさんを
柔らかくシンプルに解きほぐすという目的の他に
以前からの我々のルーティンワークである、「くだらないビデオを撮る」
というのも重要な目的として控えていたのだ
なのでバイクに2ケツして、午後の城南島に行ってきた
私にとって城南島は、何かと思い出深い場所なのだ
0102
0304
まぁ、結論は御覧の通りでした
ココのところ山方面ばかりに行っていたので忘れていたが
海からの風はいつも、僕らが自由だということを教えてくれる
これからは、たまには海に会いに行こう
posted by がんがん at 23:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジョイ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

解きほぐしツアーは続く


続いて我々がやってきたのは、もちろん温泉だ
今回は先日見つけた、灯台下暗し系第2弾
三鷹市内、東八道路沿いにある三鷹温泉「鷹場の湯」である
鷹場
まったくの事前情報無しで行ったので、初めは驚いたのだが
料金は1800円だった(タオル・館内用のゆるい服付き)
まぁ、3時間ほど滞在したが、最終的には納得いける価格であると思う時間さえ許せば、もっと長い時間滞在できる
なぜなら、充実の湯上りグータラ施設があるからだ
それは個々人のプライバシーが守られた超リクライニングシート
それに一つ一つテレビがついて、耳元から音が聞こえるという
活字での説明では全く実態が伝わらない代物のことだ
湯上りにココにやってきたら、確実に寝る。私は寝た
そして起き、また温泉に入ってから遂に出た

肝心の温泉だが、温度が最低でも39.7度までしかないので
できれば38度台前半の湯温設定もご用意していただけると喜ぶ
そうすれば永遠に入り続けてしまうこと請け合いだ
あと、スタッフの人が常に館内を整理、清掃しているので
とても綺麗で気持ちのよい施設であることもお伝えしておく
posted by がんがん at 00:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解きほぐしツアーを締めくくる


本日の晩飯は、吉祥寺で黒豚しゃぶ&アンコウ鍋という事になった
アメリカでは冗談すら言わない生活だった、というこんさん
まぁ、それもそうだろう
なかなか英語で冗談なんて言えるようにならないだろう
そのせいか、帰国早々は言われること、聞くこと全てを真に受けていた昔のようにくだらない事を言わなくなっていた
そんな状態とも今日で完全にお別れしたようで
以前の感じを取り戻したようであった
こらーげんあんこう
黒豚しゃぶは黒豚のコラーゲンを溶かしたスープでしゃぶしゃぶして柚子胡椒などを付けて食べるという、ウマいものだった
そして鍋2連発の後攻はアンコウ鍋だった
アンコウもゼラチン系のコラーゲンが豊富なので
かなり美肌効果が高い事実は否めない
温泉に入り、コラーゲンまみれになったので
気のせいか今、デコがイイ意味で光り輝いている
自分が何処へ行こうとしているのか、わからなくなってきた
そんなアンコウ鍋のベースは味噌で、具を食い尽くした後の
鍋に残ったスープは、えもいわれぬ味をしていた
見事に柔軟に解きほぐされた我々は、鍋の底が見えるまで汁を飲み続けた

posted by がんがん at 00:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジョイ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

今日も良い休日だった


今週末は土曜日仕事だったのだが
仕事が終わってから雨が降る前にぴんくちゃん宅へと出発した
しかし間に合わず、町田付近で降雨に見舞われた
まぁ覚悟していたことなので、サクサクとカッパを着て無事着いた
この雨が今日予定していたイベントにひと花咲かせてくれた
そのイベントとは、スバルに試乗に行く事なのであった
070219
前日にぴんくちゃんが試乗予約を入れ、行ったらすぐに乗ることができた
乗ったのはOUTBACK 3.0Rというレガシーの車高が高いバージョンだ
私はぴんくちゃん車に免許を忘れてしまったので運転しなかったが
保土ヶ谷バイパス→東名という時間をフルに活用した
試乗するにはとても良いルートで、更にレッドゾーンまでブン回してくれたので
ものすごく、この車のことが良くわかった
あっという間に高速道路の制限時速を60キロくらいオーバーした
足回りもドイツ車ほどではないが硬く締まっていて安定感抜群だった
スバルといえば4×4ということで、この雨の中で実力を発揮してくれた
濡れた路面の高速コーナーでもAWDのお陰で全く不安が無い(ぴんく談)
つまりスタッドレスを履けば雪道も楽々ということになる
これはYouTube等の動画でも明らかだが、悪路ならスバルかアウディだ
現在ボルボに乗っている人は見ないほうがいいかもしれない
なお、レガシーなら加えて地を這うコーナリングが味わえるという(営業担当談)
昨年のGWツーリングで上りワインディングにもかかわらず
鬼のような速さでブチ抜いていったレガシーを私は忘れない

これから他にも試乗大会を催す予定だが
いきなり初めから本命に当たってしまった感じは否めない
posted by がんがん at 22:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も良い休日だった その2


スバルを後にした我々は、車に積み込んであったMTBを乗るために横横を走った
そして、とある所に車を停め、チャリを組み立て山の中に入った
私がMTBに乗るのはかれこれ6年振りくらいだと思う
6年前はぴんくちゃんが下北沢から所沢までチャリで来て
我が家の周辺の山を走るという具合だった
ぴんくちゃんはその後、アメリカや九州でMTBの修行を積んで
今では足の短さは世界でも類を見ない程に成長した
そしてこの度、ぴんくちゃん所有車が2台になったので
私も再びMTBの世界に足を踏み込めるようになったのだ

登り始め5分ほどでもう太ももが逝ってしまった
しかし私のメンタルはなぜか折れないまま保たれていた
あまり無理せず、降りて押すなど程々に頑張ったのが功を奏した
0702192
しかし、この画像では足が伸びきらない位に太ももがヤラれているのがわかる
そして登りのあとには下りが待っている
この下り、なぜか私は自分でも不思議なくらい乗れていた
転倒率ゼロでとても楽しむことができた
タイヤが二つの乗り物は無理に制御してはいけない
というバイク&自転車の共通認識のお陰であったと思う、多分
とにかく、ものすごい疲れたが、ものすごい楽しかった

ペダルを漕ぎながら『バイクにチャリを積む方法』を真剣に考えていた

posted by がんがん at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も良い休日だった その3


山を抜けた我々は、そのままチャリで逗子マリーナへ向かった
当然だが海に向かう道はすべて下りなので、これもスピードが出て楽しかった
で、逗子マリーナ近くの名前を失念した食堂で、わかめ&マグロ丼を食した
0702193
あまりのボリュームに失神しそうになったが、結局完食できなかった
泥だらけだったので外で食べたが、2月でもなかなかどうして快適だった
食後の我々は海を眺め、ぴんくちゃんは「もうすぐ30〜!」と叫んだ
07021932
海と空の境界線が溶け込むようで美しかった
そんな海を眺めながら、鎌倉へ向けて砂浜を走ったのだ
0702194
posted by がんがん at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

今日も良い休日だった その4


鎌倉に着いた我々は鶴岡八幡宮で参拝することにした
私とぴんくちゃんはプロテスタント系の大学だが、細かい事は気にしない
どっちかというと私は中・高6年神道系私立だったので、神社が好きなのだ
最近、パワースポットに目が無い私であるが、ここは好きだ
由比ガ浜から続く参道を自転車を押して歩き
神社の敷地外に自転車を停めて、参拝しに入った
0702194
お賽銭を投げ、今年一年の無事をかしこみかしこみ願った(遅い)

今年無事に過ごせたら、お礼参りに来ようと思う
posted by がんがん at 00:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も良い休日だった その5


鶴岡八幡宮から車までは一般道を走って帰ることになる
普段全く自転車に乗らない私は、交通弱者の立場を恐ろしい程実感した
後ろから車が来ると、非常に気を使って大変だ
それはさておき、車までの道のりが一番の難所だった
車、バイクだったらあっという間に過ぎる登りのワインディングだが
コーナーをいくつ抜けても現れる上り坂に、笑うしかなかった

悔しいので一回も降りずに、しこたま延々とペダルを漕ぎ続けた
しまいには快感になってきた
これが世に言う「なんたらハイ」ってやつかもしれない
それか実はドMだったのかもしれない

そんな事があり一日かけて汗だくになったので、車に乗って向かったのは日帰り温泉だ
今日はぴんくちゃん宅のテリトリーとも言える京急高架下にあるところだ
海洋深層水のお湯がウリというみうら湯だ(↓何だかわからないが、入口です)

0702195

ここも一番低い湯温で40℃という、熱めの湯温で少し残念だったが
湯船に長く入れないぴんくちゃんも全く同感だったようである
ヌルくすると回転率が落ちる、とかいう商業的な理由でないことを願うのみである
ぴんくちゃんは「腰掛け湯」という背中をお湯が流れるコーナーが気に入ったようで
腰掛けた状態でマジ寝していた
チャリ疲れ後の温泉は本当に気持ち良く、とかこんな事言ってるが
いつも何した後でも同じ事を言っているので、温泉自体が気持ち良いという結論だ

それにしてもMTBは面白かった

ぴんくちゃんありがとう
posted by がんがん at 00:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。