2007年01月02日

喪中ですが、明けまして…


さて、2007年になりした
皆さん今年もこんな私ですが、よろしくお願いします

2007年になった瞬間、のんきに風呂に浸かっていた私ですが
それはまさに2007年の動向を大胆にも示していたのです
つまり、元旦から温泉に行ってきました
おそらくうちから一番近い温泉じゃないかと思しき
武蔵村山の多摩湖近辺にある『かたくりの湯』(初)です
入口
正月で来ている兄ちゃん一家と行ってきました
まぁ、感想は言うまでもなく最高だったけど
甥(9歳)に背中を流してもらったら、なんか感激してしまった
思わず湯上がりにアイスを買ってあげたら
それだけで満面の笑みを浮かべるので、またジーンと来た
『あぁ、子どもって、子どもって…良い!』と改めて思った元旦だった

今年は温泉入りまくる
posted by がんがん at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も温泉に


こっちが入口
新年から幸先良く、連続して温泉に行けた
場所は昨日と同じく武蔵村山の『かたくりの湯』(2回目)でした
男湯と女湯が入れ替っていて、昨日とは違った風呂だった
昨日もそうだったが、38℃という湯温があり
それに延々と入るのが病みつきになる
年末年始は30日,1日,2日と温泉三昧だった訳だが
これでまたしばらく行けなくなるかもしれないのが
非常にムズがゆい所であります
posted by がんがん at 17:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

2007年走り初め


上野原マジェ
2007年のファーストランも、やはり私が愛してやまない山梨となった
とはいえ、今日は県道'S masaとのランデブーではなく
年末に帰国した中学・高校の同級生こんさんが住む山梨にきたのだ
そもそも私が『ほったらかし温泉』を知ったきっかけは
こんさんをおいて他の誰でもなく
そのこんさんと『ほったらかし温泉』に行くのが今回の目的だ
バイクをこんさん邸に放置して、これから温泉に行く
2輪ETCいいね(付けてないけど、欲しいという意味で)
posted by がんがん at 12:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジョイ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほったらかし温泉初め


アメリカから帰国して以来、初めて車を運転するという状況で
曲がる時にはワイパーが動き、油断すると右車線を走るこんさんの運転で到着した
正月ほったらかし
これほど明るいうちに到着したのは初めてである
正月三が日ということで、これまで見たこと無い数が駐車場に停まっていた<
これはイモ洗い的な風呂になるか!と危惧したが、広さに助けられ意外と普通だった
今回もたっぷり2時間入り、徐々に暗くなってゆく甲府盆地を眺めての入浴となった
やはり数種類ある湯加減が最高だったので、いい気分だった
おんたまあげ
こんさんがほったらかし温泉名物の『温たま揚げ』を買ってくれた
有りそうで無かった、温泉玉子のから揚げである
黄身のとろけ具合が非常に私好みで、これから毎回食べる事になるはずだ

結局、年末30日と年明け3日間すべて温泉に入った事になる
今年の正月を私は忘れないだろう
posted by がんがん at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

どうなんでしょう?


以前書いたことと関係あるのか無いのか、真相は全くの謎なのだが
つい先日、あの異常な空間に一緒にいた人から仕事の電話があった
本題のあと、電話を切ろうかという時に「体で調子がおかしい所ない?」と聞かれた
私の答えは「ある」である
その人は、頑丈だった胃腸がどうしようもなく弱くなり、悩んでいるそうだ
うちの師匠は、首痛+左手のシビれを先月からずっと訴えている
そしてMRIを撮ったが原因となるものは発見できなかった
わたしは今まで全く経験したことの無い「肩コリ」がずーっと治らない
どんなに寝ても、温泉に入っても、肩の疲れと倦怠感が抜けない
つまり肩が寝ても覚めても重いのである
書いてる今も肩こりがヒドいのだ
言われてみて考えたら、あの一件があってからである
こう揃いも揃って体に異変が起こっていると、やはり『何かあるな』と思う
オカルト的に考えたら、いくらでも考えられるが
全くもって、ただの偶然とも考えられる
しかし一回思ってしまったら、人間なかなかゼロ地点には戻れないのだ

なんとも困った事態である
みしゅらん
本文と写真は関係有りません
posted by がんがん at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | さぁ、みんなで考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その後のvanson


vansonを履いて真冬の高速を走ったが、無敵の暖かさだった
その実力は充分過ぎるほど思い知らされたのだが
アメリカンサイズな股下を、切らずに折ることで解決した前回であった
しかし、ただ折っただけでは革に簡単に折り目が付くわけもなかった
軽率だった・・・。

なので内側から強く抑え、革に癖を付ける必要性が出てきた
なんかテーパー状の筒のようなモノは無いか、と小一時間
そんな都合良く、便利な物がウチにある訳が無い
と諦めかけたその時
革パンメスカップ
写真の現像液とかを作る時に使う、2リットルのメスカップが有った
おぉ!見事にハマッてくれた
一週間もやってればいい感じに折り目が付くことだろう

2007年は折り目正しく生きていこうと思う (勝手に言ってろ)
posted by がんがん at 17:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジョイ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

コレは盲点だった


前々から存在は知っていたけど、何故か行った事ない
という場所がみなさんにもあるんじゃなかろうか?

今日のはまさにソレで、いわゆる灯台下暗しというやつだ
スーパーオオゼキの隣にある高井戸温泉「美しの湯」800円
高井戸
↑これ入り口
何個か温泉を渡り歩いたお陰で、温泉の泉質の違いが判るようになった
といっても、効能とかではない。あくまでフィーリングである
ここの湯はちょいヌメの、お肌トゥルトゥル系である(あくまでフィーリング)
舐めると非常にしょっぱい、まさに東京の温泉の特徴を濃く持っている湯だ
もう2℃程温度が低い露天があった方が、私とmasaは喜ぶ
しかし、『高井戸で温泉に入れる』ということで許してあげてもいい
氷
湯上りにカキ氷を食べるのもいい
湯上りにバイクで北風に向かうのも非常にイイ
いつまでも体がポカポカして家に帰るまで全然寒くない
もっと早くにココに来るべきだった
posted by がんがん at 00:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

大学のOB会だった


完全に忘れてて画像は何一つありませんが
毎年恒例、立教大学に行って参りました
私の今の生活では遠い存在となっている「大学」という場所は
その敷地に入るだけで「非日常」が体験できる空間になっていると感じた
もちろん現役生には全くもってわからない感覚だとは思いますが
年々、キョロキョロして歩く度合いが酷くなってきている感じ
あと同期に会うとやっぱりいいね

当然、年を増すごとに「昔から知ってる」指数が高くなっていく訳だし
会ったら無条件で仲いいから、ホッとするね

そんなもんだから来年はもっと現役生と絡んでいこうと思います
posted by がんがん at 01:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

冬の山 in かぐら・みつまた


土曜日だった昨日は脂夫妻とスノーボードに行った
3回目となる今回は、苗場のとなり「田代・かぐら・みつまた」をチョイス
昨年のGWにmasaやんとバイクで走った国道17号線上にある
新緑の季節からは見違える景色だったが、かなり好印象のスキー場である
なによりスケールがデカい。全コース滑ろうとしたら一日じゃ足りないデカさだ
そして、ほぼ全域にわたって雪質がパウダーであるのがイイ
毎回、最初にボードを装着した瞬間、何故か感覚を忘れているのが笑える
そのまま5分程滑ると感覚が戻り、快適なフリーランの時間がやって来るのだが
その最初の5分でメンタルが折れないようにするのが、最初の重要ポイントである
しかし自分で言うのも何だが、3回目にしては上達が早い方だと思う
できることなら毎週、いや毎日でも行きたい
070127_1226~0001.jpg
↑田代湖をバックに「頑張って納税します」のポーズ

↑脂嫁から「太ももが限界です」動画
毎回のことだが、いつも太ももが最初にヤラれる
これは完全な筋力不足である
しょうがないので次回までの期間を太もも強化月間に設定した
帰りは『温泉→焼肉』の定番コースで締めて、お開きとなったのであった
「特選」と冠の付く肉は、激しくトロけて旨かった
今回も怪我無く、無事に生きて帰って来ることができた
日常で見落としがちだが、これも重要なポイントである

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
posted by がんがん at 15:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。